大菩薩嶺

2015年06月22日
今年初、昨年から約9ヶ月ぶりの大菩薩嶺でした。春の花はすでに終わり、夏の花はまだこれからという、山野草の観賞にはあまりよくない時期だったようです。上日川峠から歩き始めて、福ちゃん荘から唐松尾根を使って雷岩まで登るといういつものコースでした。唐松尾根ではウマノアシガタがチラホラ咲いていましたがまだ他の花はみあたらず、樹木ではベニバナツクバネウツギ、サラサドウダンが目につく程度でした。マイヅルソウを見るために大菩薩嶺まで行きましたが、丸川峠方面に少し下ってゴゼンタチバナの様子も見てきました。残念ながらゴゼンタチバナの開花は暫くかかりそうでしたが、マイヅルソウはちょうど盛りを迎えていました。雷岩から大菩薩峠に向かう尾根筋ではサラサドウダンが盛りを迎えており、大木の満開の様子は素晴らしいものでした。大菩薩峠からは熊沢山、石丸峠を経由して上日川峠に戻る予定でしたが、今にも雨の降りそうな天候、予定よりも少し遅れ気味だったこともあり、残念ながら福ちゃん荘にショートカットしました。

シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺、別名モリイチゴ)(バラ科オランダイチゴ属)、果実は赤く熟しておいしいそうです。上日川峠にて。
d0328977_19411565.jpg


マイヅルソウ(舞鶴草)(キジカクシ科マイヅルソウ属)、丸川峠方面のほうが多いようですがこのあたりにもチラホラ咲いています。大菩薩嶺に向かう道にて。
d0328977_19411771.jpg


サラサドウダン(更紗灯台)(ツツジ科ドウダンツツジ属)、稜線上のサラサドウダンは真っ盛りです。雷岩から大菩薩峠に向かう稜線上にて。
d0328977_19412057.jpg


これは花の色が赤いのでベニサラサドウダン(紅更紗灯台)(ツツジ科ドウダンツツジ属)でしょうか。雷岩から大菩薩峠に向かう稜線上にて。
d0328977_19412273.jpg


ウマノアシガタ(馬の脚形、別名キンポウゲ)(キンポウゲ科キンポウゲ属)、雷岩から大菩薩峠に向かう稜線上にて。
d0328977_19412408.jpg


ミヤマカラマツ(深山唐松)(キンポウゲ科カラマツソウ属)、大菩薩峠から福ちゃん荘に向かう道にて。
d0328977_19412613.jpg


クリンソウ(九輪草)(サクラソウ科サクラソウ属)、目立たない場所だったので往きには気づかなかった。福ちゃん荘にて。
d0328977_19413071.jpg




(アルバム全体はGoogle+アルバムでご覧ください。)

-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、基本的には「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)を参照しています。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/21898692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2015-06-23 19:38 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31