赤ぼっこと青梅丘陵

2015年10月18日
赤ぼっこ方面、青梅丘陵方面のキッコウハグマ、コシオガマ、センブリなどの花の様子がどうなっているかを確認したかったのと、最近いろいろな行事が重なってあまり歩けなったので、久しぶりに赤ぼっこから青梅丘陵まで一周してみました。釜の淵公園からスタートして駒木野林道に入り、尾根道を赤ぼっこ、要害山、愛宕山まで歩いたあと都道238号に下り、梅の公園近くを歩いて弘文橋から多摩川左岸に渡り、石神前から青梅丘陵ハイキングコースに上って、三方山方面に少し立ち寄った後、矢倉台、永山グラウンドを経由して青梅市街に戻るコースです。センブリは赤ぼっこ、青梅丘陵で花の盛り、コシオガマはそろそろ下火、咲き残りをいくつか見る程度でした。赤ぼっこから愛宕山にかけてキッコウハグマはまだ開花していませんでした。やはり早すぎたかとがっかりしましたが、青梅丘陵のキッコウハグマが咲き始めていました。暫くの間は目を楽しませてくれそうです。

クコ(枸杞)(ナス科クコ属)、川の土手などに自生するようです。多摩川でも見かけました。赤ぼっこに向かう道にて。
d0328977_00560042.jpg


コシオガマ(小塩竈)(ハマウツボ科コシオガマ属)、最近の伐採でコシオガマの育つ環境ができたのではないかと思います。赤ぼっこにて。
d0328977_00560537.jpg


ツルリンドウ(蔓竜胆)(リンドウ科ツルリンドウ属)、青梅丘陵では終わっているけどこちらはまだまだ健在です。要害山に向かう道にて。
d0328977_00560748.jpg


ツルリンドウ(蔓竜胆)(リンドウ科ツルリンドウ属)の果実、ここでは花も実もかなりの数が共存しています。要害山に向かう道にて。
d0328977_00561279.jpg


センブリ(千振)(リンドウ科センブリ属)、愛宕山から梅郷に向かう道にて。
d0328977_00561456.jpg


キッコウハグマ(亀甲白熊)(キク科モミジハグマ属)、この近辺で見られるハグマの中では一番かわいらしいでしょう。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_00561624.jpg




(アルバム全体はGoogle+アルバムでご覧ください。)

-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、基本的には「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)を参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いもあると思います。誤りにお気づきの場合はお手数ですがご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/22374611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2015-10-23 01:01 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31