奥多摩むかし道

2015年10月30日
奥多摩湖まで車で移動した後、バスで奥多摩駅まで行って奥多摩むかしみちを使って奥多摩湖まで戻りました。バスの待ち時間によっては、奥多摩湖から奥多摩駅に歩いてもいいと思います。コースはほとんど舗装されていて、浅間神社周辺の細い山道で落石の危険がありますが、それ以外は全般に安全で歩き易いコースでした。今回は、そろそろ色づき始めたであろう紅葉の観賞と、リュウノウギクやアワコガネギクなどの野菊やコシオガマ、リンドウなどの花を見ることでした。紅葉はちょっと早すぎたか、いまひとつでした。帰りの車からチラッと見えた鳩ノ巣渓谷の紅葉のほうがきれいに見えたのはちょっと残念でした。リュウノウギク、アワコガネギクはちょうど花の盛り、コシオガマも数は少ないですがきれいな花を見ることができました。リンドウはおそらくどこかで咲いていたと思いますが見つけることができず残念でした。

シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節)、槐木に向かう道、奥多摩むかし道にて。
d0328977_23584548.jpg

コシオガマ(小塩竈)(ハマウツボ科コシオガマ属)、青梅丘陵のコシオガマよりも逆境に強い、雑草という感じです。不動の滝に向かう道、奥多摩むかし道にて。
d0328977_23584903.jpg

ノコンギク(野紺菊)(キク科シオン属シオン節)、白髭神社に向かう道、奥多摩むかし道にて。
d0328977_23585282.jpg

アワコガネギク(粟黄金菊、別名キクタニギク)(キク科キク属キク節) その3、奥多摩湖に向かう道、奥多摩むかし道にて。
d0328977_23585441.jpg

リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節) その3、奥多摩湖に向かう道、奥多摩むかし道にて。
d0328977_23585604.jpg

紅葉の様子、奥多摩湖に向かう道、奥多摩むかし道にて。
d0328977_23590027.jpg


(アルバム全体はGoogle+アルバムでご覧ください。)

-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、基本的には「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)を参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いもあると思います。誤りにお気づきの場合はお手数ですがご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/22438019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2015-10-31 22:52 | 奥多摩 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31