御岳山 ~ カメバヒキオコシの氷花

2015年12月20日
JR青梅線御嶽駅近くの御岳本町駐車場に車をとめて御岳山を往復してきました。実際は御岳渓谷からケーブルカー滝本駅、御岳ビジターセンター、ロックガーデンまで歩き、御岳山山頂は省略するというコースでした。12月20日は、御岳山の明け方の気温は氷点下の予想だったので、カメバヒキオコシの氷花を見ることが目的でした。御岳ビジターセンターの12月17日の情報では、12月10日から6日間は気温が高くて氷の花が見られなかったようですが、20日当日はかなりきれいな氷の花を見ることができました。明け方の気温が氷点下であることさえ確認すれば、暫くは氷の花が楽しめそうです。氷の花ができるには氷点下が5,6時間続くことが必要らしいです。

カメバヒキオコシ(亀葉引起)(シソ科ヤマハッカ属)の氷の花、氷点下が5時間ぐらい続かないとできないそうです。御岳神社裏参道入口にて。
d0328977_23554722.jpg


カメバヒキオコシ(亀葉引起)(シソ科ヤマハッカ属)の氷の花、これは羽を広げたようでちょっとおもしろい。神苑の森にて。
d0328977_23555180.jpg


ツルリンドウ(蔓竜胆)(リンドウ科ツルリンドウ属)の実、きれいな実でしたがこれしか見つかりませんでした。神苑の森にて。
d0328977_23555440.jpg


ミヤマシキミ(深山樒)(ミカン科ミヤマシキミ属)、神苑の森はこの実でいっぱいでした。
d0328977_23555718.jpg


カメバヒキオコシ(亀葉引起)(シソ科ヤマハッカ属)の氷の花、綾広の滝近く、ロックガーデンにて。
d0328977_23560051.jpg


ダイサギ(大鷺)(コウノトリ目サギ科)、高い木の上にいました。口角が目の後ろなのでダイサギでしょうか。御嶽駅に向かう道にて。
d0328977_23560405.jpg


カワガラス(河烏)(スズメ目カワガラス科)、流れに面した岩の上を注意深く探すと見つかりました。御岳渓谷にて。
d0328977_23560615.jpg




(アルバム全体はGoogle+アルバムでご覧ください。)

-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、基本的には「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)を参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いもあると思います。誤りにお気づきの場合はお手数ですがご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/22689642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2015-12-21 23:54 | 奥多摩 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31