井頭公園 ~ 野鳥

2016年1月12日
毎年ゴールデンウイークに益子の陶器市に行ってますが、いつも気になっていたのが途中の道路標識で見かける井頭公園の名前でした。東京の井の頭公園に名前が似ていたのが理由の一つですが、きっと野鳥が沢山いる公園に違いない、となんとなく思ったのがもう一つの理由です。いつかは寄ってみたいと思っていましたが、昨年購入した山と渓谷社発行の「東京近郊野鳥撮影地ガイド」によると、ルリビタキやベニマシコが見られそうだし、ヤマレコのいくつかのレコをみるとミヤマホオジロもいるかもしれない、ということで同行者一名と一匹を連れて行って来ました。天気予報では宇都宮は晴れだったのですが、着いてみればどんより雲って雪もちらつく悪天候。その影響もあったかもしれません、時間とお金をかけて行ったのに、期待の野鳥にも会えず後悔し始めた頃、アトリが現れ、枝に隠れて残念でしたがミヤマホオジロも現れ、最後はルリビタキも出てくれたので、まずまず満足の行く撮影行でした。井頭公園はいかにも野鳥の豊富そうな公園で、東京方面からはちょっと大変ですが、近所に住んでいれば毎週でも行きたいようないい雰囲気の公園でした。

カワセミ(翡翠)(ブッポウソウ目カワセミ科)、野鳥の森に向かう途中、コバルトブルーが目を惹きました。幸先いいので大いに期待したのですが。
d0328977_19472534.jpg


ジョウビタキ(常鶲)(スズメ目ツグミ科)、今日は小雪まじり、寒さ対策で膨れているのかも知れません。いつもより可愛らしく見えます。バラ園にて。
d0328977_19472933.jpg


アオジ(青鵐)(スズメ目ホオジロ科) 雌、雄と雌でかなり色が違うようですが、撮影のときはあまり気にもかけませんでした。釣池横の道にて。
d0328977_19473220.jpg


シジュウカラ(四十雀)(スズメ目シジュウカラ科)、湿地植物園にて。
d0328977_19473778.jpg


アトリ(花鶏)(スズメ目アトリ科)、顔が黒っぽいのでこれは雄でしょうか。全く自信なし。釣池横の道にて。
d0328977_19474236.jpg


ミヤマホオジロ(深山頬白)(スズメ目ホオジロ科)、この後、見通しのよい枝の上に乗ったのに、一瞬鳥の行方を見失って撮影できませんでした。残念!釣池横の道にて。
d0328977_19474702.jpg


シロハラ(白腹)(スズメ目ツグミ科)、釣池横の道にて。
d0328977_19475107.jpg


ルリビタキ(瑠璃鶲)(スズメ目ツグミ科)、このあたりを縄張りにしているルリビタキです。最後に出てきてくれました。釣池横の道にて。
d0328977_19475404.jpg


(アルバム全体はGoogle+アルバムでご覧ください。)

トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/22775591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-01-14 19:46 | その他 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31