釜の淵公園と永山の花

2016年4月3日
本日は山に行く予定もなし、天気もあまりよくないので自宅周辺を散策することにしました。釜の淵公園の桜はほぼ見ごろ、大勢の人でにぎわっていました。公園の中心部は整地されているのでだめですが、公園の外れではニリンソウ、セントウソウ、ムラサキケマン、ミヤマキケマンや、マルバコンロンソウ、ヒロハコンロンソウなどを見ることができました。梅岩寺の枝垂れ桜は、満開ではありませんがきれいに咲いていました。残念だったのは曇り空だったことです。山野草は曇りでもまだいいですが、桜はやはり青い空をバックに撮りたいものです。

ホトケノザ(仏の座、別名サンガイグサ)(シソ科オドリコソウ属)、釜の淵公園にて。
d0328977_16010245.jpg

ムラサキケマン(紫華鬘)(ケシ科キケマン属)の白花、シロヤブケマンともいう。完全な白、ユキヤブケマンは見たことがありません。釜の淵公園にて。
d0328977_16010647.jpg

ムラサキケマン(紫華鬘)(ケシ科キケマン属)、このあたりではシロヤブケマンと混在しています。釜の淵公園にて。
d0328977_16010992.jpg

カテンソウ(花点草)(イラクサ科カテンソウ属)、釜の淵公園にて。
d0328977_16011299.jpg

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)(ケシ科キケマン属)、黄色がきれいなキケマンでした。釜の淵公園にて。
d0328977_16011557.jpg

シロバナタンポポ(白花蒲公英)(キク科タンポポ属)、関東地方西部以西に分布ということです。この近辺でもたまに見かけますが数は少ないです。釜の淵公園にて。
d0328977_16011891.jpg

ニリンソウ(二輪草)(キンポウゲ科イチリンソウ属)、群生することが多いようです。釜の淵公園にて。
d0328977_16012181.jpg

ヤマブキ(山吹)(バラ科ヤマブキ属)、八重や白花は園芸品種ですね。釜の淵公園にて。
d0328977_16012495.jpg

センボンヤリ(千本槍)(キク科センボンヤリ属)、日のあたりのいい草地に群生していました。永山丘陵にて。
d0328977_16012782.jpg

ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)(タチツボスミレ類)、色再現が微妙ですがもう少し赤みがかっていたような気がします。永山丘陵にて。
d0328977_16012955.jpg

キュウリグサ(胡瓜草、別名タビラコ)(ムラサキ科キュウリグサ属),花は同じムラサキ科のワスレナグサやヤマルリソウに似てますが、キュウリグサの花は直径約2ミリと非常に小さい。永山丘陵にて。
d0328977_16013208.jpg

シュンラン(春蘭)(ラン科シュンラン属)、このあたりよく探せばたくさん咲いていそうです。永山丘陵にて。
d0328977_16013576.jpg



ではまた。



トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23041574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-04-05 16:06 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31