蕨山

2016年4月11日
さわらびの湯から名郷にバス移動する前に尾須沢鍾乳洞に向かう沢沿いの道を歩きました。ここは山野草が豊富な場所で今回の目的はトウゴクサバノオでした。風が強いうえに開花しているトウゴクサバノオが数えるほどしかなくがっかりでした。今月末ぐらいが一番いいかもしれません。蕨山に向かう尾根道は横からの風が強烈で、帽子を飛ばされないように歩くのが精いっぱいでした。最初はアセビばかり、徐々にミツバツツジの紫色の花が現れ、最初のロープ場近辺からアカヤシオが目立ってきます。岩が目立って来てそろそろかなと思う頃、岩場には「イワウチワの白、薄紅紫の花が現れます。すでに咲き残りかな思いましたが意外にたくさん咲いていました。もうしばらくの間は楽しめそうです。
蕨山からさわらびの湯までの尾根道は大ヨケノ頭に近づくといろいろな花が見られます。つつじはアカヤシオ、ミツバツツジで、ヤマツツジは見ませんでした。そのほか、マキノスミレ、フモトスミレ、アケボノスミレなどの菫も見られました。アカヤシオを見るにはこちらですが、スミレに限れば高水三山のほうが豊富なようです。

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)(キンポウゲ科シロカネソウ属)、ここはこの花の群生地ですが、まだほとんどの花が閉じていました。尾須沢鍾乳洞への道にて。
d0328977_19072159.jpg

マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)、尾須沢鍾乳洞への道にて。
d0328977_19055898.jpg


エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)、道路わきの斜面にたくさん咲いていました。河又名栗湖バス停近くにて。
d0328977_19060190.jpg

ミツバコンロンソウ(三葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)、ここには数えるほどしかありませんが、この花は御岳山ロックガーデンがすごいです。蕨山登山道にて。
d0328977_19060408.jpg

アカヤシオ(赤八汐、別名アカギツツジ)(ツツジ科ツツジ属)、淡いピンクがなんともきれいですが、すごい強風のため風にあおられます。蕨山登山道にて。
d0328977_19060684.jpg

イワウチワ(岩団扇)(イワウメ科イワウチワ属)、道が険しくなってくるとイワウチワも現れてきました。蕨山登山道にて。
d0328977_19060972.jpg

フモトスミレ(麓菫)(ミヤマスミレ類)、写真にはうまく写りませんでしたが、これはフイリフモトスミレでした。蕨山からさわらびの湯に向かう尾根にて。
d0328977_19061192.jpg

マキノスミレ(牧野菫)(ミヤマスミレ類)、日当たりのいい斜面の落ち葉の中から顔を出しています。蕨山からさわらびの湯に向かう尾根にて。
d0328977_19061433.jpg


アケボノスミレ(曙菫)(スミレサイシン類)、マキノスミレに交じっていくつか咲いていました。この時期のアケボノスミレの葉は展開していません。蕨山からさわらびの湯に向かう尾根にて。
d0328977_19061851.jpg


ではまた。

トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23064283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-04-13 19:14 | 奥武蔵 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31