上高岩山、鍋割山、奥の院

2016年5月5日
養沢林道から七代の滝、上高岩山、鍋割山、奥の院を歩きました。今回の目的はシロヤシオとアカバナヒメイワカガミの観賞でした。この山域のシロヤシオは、ここ何年か不作が続きましたが今年は当たり年のようです。七代の滝から天狗岩への道、上高岩山直下と山頂、奥の院周辺でシロヤシオが白い花をたわわにつけて満開を迎えていました。アカバナヒメイワカガミは、大岳山への登山道の険しい右斜面に咲いていました。例年よりも開花時期が早かったのかもしれませんが、まだきれいに咲いている花もたくさんありました。花までの距離がかなりあるのがちょっと残念でした。

ヒメウツギ(姫空木)(アジサイ科ウツギ属)、養沢川に沿って歩いています。ヒメウツギが満開です。養沢林道、七代の滝に向かう道にて。
d0328977_00260558.jpg

ヒメレンゲ(姫蓮華)(ベンケイソウ科マンネングサ属)、林道のあちこちに群生しています。養沢林道、七代の滝に向かう道にて。
d0328977_00260811.jpg

ラショウモンカズラ(羅生門葛)(シソ科ラショウモンカズラ属)、ロックガーデンにて。
d0328977_00261121.jpg

フイリフモトスミレ(斑入り麓菫)(ミヤマスミレ類)、ここに来るまでもたくさん咲いていましたが、きれいな葉と一緒に撮れるのはありませんでした。上高岩山に向かう道にて。
d0328977_00261935.jpg


ツルキンバイ(蔓金梅)(バラ科キジムシロ属) その1、花びらの根元のオレンジ色が目立ちます。上高岩山から芥場峠に向かう道にて。
d0328977_00270401.jpg


アカバナヒメイワカガミ(赤花姫岩鏡)(イワウメ科イワカガミ属)、よく見ると細い花茎の先に4,5個の花をつけています。大岳道にて。
d0328977_00271572.jpg


シロヤシオ(白八汐、別名ゴヨウツツジ)(ツツジ科ツツジ属)、この山域のシロヤシオは今年が当たり年のようです。男具那ノ峰からの下山道にて。
d0328977_00271843.jpg


ルイヨウボタン(類葉牡丹)(メギ科ルイヨウボタン属)、葉がボタンに似ている。花弁状の6枚は内萼片。花弁は小型で蜜腺がある。武蔵御嶽神社裏参道入り口近くにて。
d0328977_00272231.jpg


レンプクソウ(連福草、別名ゴリンバナ)(レンプクソウ科レンプクソウ属)、花が5個集まってついています。武蔵御嶽神社裏参道入り口近くにて。
d0328977_00272421.jpg


ニョイスミレ(如意菫、別名ツボスミレ)(スミレ科スミレ属ニョイスミレ類)、たくさん咲いていましたが低くて撮影が大変でした。葉沢林道にて。
d0328977_00272765.jpg


(アルバム全体はGoogle+アルバムでご覧ください。)
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、基本的には「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)を参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いもあると思います。誤りにお気づきの場合はお手数ですがご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23126493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-05-08 00:39 | 奥多摩 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31