釜の淵公園と青梅丘陵

2016年6月6日
JR軍畑駅まで電車移動して榎峠から鉄道公園まで青梅丘陵を歩くつもりでしたが、天気予報のとおりあまり天気が良くなかったので、永山グラウンドから矢倉台までの往復に予定を変更しました。今回の主な目的は、先月末にはまだ蕾だったイチヤクソウの開花を確認すること、そろそろ咲き始めているはずのクモキリソウの撮影をすること、などでした。イチヤクソウは蕾もまだかなり多く、開花したばかりの様子でした。別の場所ではまだすべて蕾だったので、暫くはイチヤクソウの花を楽しめそうです。クモキリソウは見つけるのにちょっと苦労してしまいました。全草緑色の花なので、他の緑色の草に紛れて全く気付かなかったようです。

道路わきに咲いていました。きれいな花ですが近所の方が植えたのでしょうか。サフランモドキという花に似ていますがどうでしょうか。釜の淵公園に向かう道にて。
d0328977_20113277.jpg

ツユクサ(露草)(ツユクサ科ツユクサ属)、6月に入るとちらほら咲き始めました。古名はつきくさ、青色で紙や布をつき染めたそうです。釜の淵公園にて。
d0328977_20113644.jpg

ハキダメギク(掃溜菊)(キク科コゴメギク属)、白色の舌状花5個と黄色の筒状花多数からなります。釜の淵公園にて。
d0328977_20113922.jpg

キンシバイ(金糸梅)(オトギリソウ科オトギリソウ属)、約300本という多数の雄しべが特徴。約60本が一束になって、5束ついています。釜の淵公園に向かう道にて。
d0328977_20114289.jpg

ホタルブクロ(蛍袋)(キキョウ科ホタルブクロ属)、萼片の間の湾入部が反り返っています。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20114722.jpg

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)(キキョウ科ホタルブクロ属)、萼片の間の湾入部がふくらんでいます。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20115067.jpg

キハギ(木萩)(マメ科ハギ属)、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20115337.jpg

イチヤクソウ(一薬草)(ツツジ科イチヤクソウ属)、全草を乾燥させて薬用にすることからこの名前があります。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20115666.jpg

イチヤクソウ(一薬草)(ツツジ科イチヤクソウ属)、今回ハイキングコースの複数の場所で確認しました。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20115928.jpg

ヤブムラサキ(藪紫)(クマツヅラ科ムラサキシキブ属)、不鮮明ですが毛が多いように見えるのでヤブムラサキと思います。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20120296.jpg

コアジサイ(小紫陽花)(アジサイ科アジサイ属)、青梅丘陵も入り口周辺では終わりですが、多分、三方山に向かう途中のコアジサイは今が盛りでしょう。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20121020.jpg

ノイバラ(野茨)(バラ科バラ属)、いつもの観察不足、葉の様子からノイバラとしましたが自信なし。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20121715.jpg

クモキリソウ(雲切草)(ラン科クモキリソウ属)、全草緑色の目立たない花。生えている場所を知っていても最初見逃しました。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20122136.jpg

クモキリソウ(雲切草)(ラン科クモキリソウ属)、葉は2枚、縁が波打った大きな葉です。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20122404.jpg

ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)、6月に発生したきれいなヒオドシチョウでしょう。すぐに夏眠に入り、来年の春まで休眠するといわれています。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_20122811.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23204396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-06-07 20:16 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31