御岳渓谷

2016年6月28日
御岳本町駐車場を起点にして御岳渓谷、夏沢林道を歩きました。まだ少し早いとは思いましたが、夏沢林道のギンバイソウの様子を見るのが今回の主な目的でした。残念ながらまだ開花している花は見られませんでしたが、昨年と同じならばここ数日中に開花すると思われます。今回のコースは短時間で回れるコースなので、高水三山や御岳山、日の出山などのコースと合わせて歩くと良さそうです。

チダケサシ(乳茸刺)(ユキノシタ科チダケサシ属)、名前はキノコのチダケを茎に刺して持ち帰ったことによる。よく見るとすごくきれいな花です。御岳渓谷、玉堂美術館近くにて。
d0328977_10223006.jpg

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)(キジカクシ科ギボウシ属)、拡大してみると葯が花糸にT字状についているのがわかります。御岳渓谷遊歩道にて。
d0328977_10240851.jpg

ノリウツギ(糊空木)(ユキノシタ科アジサイ属)、円錐状の白い花が遠くからもよく目立ちます。御岳渓谷遊歩道、杣の小橋近くにて。
d0328977_10223318.jpg

ヒメコウゾ(姫楮)(クワ科コウゾ属)の実、御岳渓谷遊歩道、神路橋近くにて。
d0328977_10223788.jpg

ヤブカンゾウ(薮萱草)(ワスレグサ科ワスレグサ属)、雄しべと雌しべが弁化して八重咲になっている。夏沢林道に向かう道にて。
d0328977_10224158.jpg

サカハチチョウ(タテハチョウ科) 夏型、春型と比べると別の蝶のようです。夏沢林道にて。
d0328977_10224354.jpg

コマツナギ(駒繋ぎ)(マメ科コマツナギ属)、名前は茎は細いが馬をつなげるほど丈夫なことによる。御岳渓谷遊歩道にて。
d0328977_10280358.jpg


ベニシジミ(シジミチョウ科) 夏型、春型に比べてかなり黒っぽいです。御岳渓谷遊歩道にて。
d0328977_10224699.jpg


ノカンゾウ(野萱草)(ワスレグサ科ワスレグサ属)、御岳渓谷遊歩道にて。
d0328977_10224802.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23260552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-06-30 10:29 | 奥多摩 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31