小峰公園、金剛の滝、広徳寺

2016年7月17日
小峰ビジターセンターを起点にして金剛の滝、広徳寺をめぐる周回コースを歩きました。小峰公園のヤマユリ、金剛の滝のイワタバコの撮影が目的でした。最初の開花から約10日、ヤマユリはちょうど盛りを迎えていました。見ごろはあと数日でしょうか。ほかに目立った花はオオバギボウシで、尾根に通じる道や桜尾根の両脇はこの花でいっぱいでした。金剛の滝のイワタバコは今がちょうど見ごろ、例年よりも開花が少し早い印象でした。金剛の滝に向かう沢沿いに咲いていますが、特に右岸側の崖は崩れやすそうな場所もあるので、撮影には注意が必要です。

ネムノキ(合歓の木)(マメ科ネムノキ属)、ネムノキノの葉は夜になると両手を包み込むように閉じます。小峰公園にて。
d0328977_16021143.jpg

ミソハギ(禊萩)(ミソハギ科ミソハギ属)とキチョウ(キタキチョウ)(シロチョウ科)、小峰公園にて。
d0328977_16021305.jpg

ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属) その1、桜尾根に向かう道、小峰公園にて。
d0328977_16021761.jpg

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)(キジカクシ科ギボウシ属)、ここに来るまでたくさん咲いていました。桜尾根、小峰公園にて。
d0328977_16022085.jpg

イワタバコ(岩煙草)(イワタバコ科イワタバコ属)、急な崖に沿って群生しています。金剛の滝近くにて。
d0328977_16022465.jpg

金剛の滝、落差4mの雌滝。右側の岩のトンネルをくぐれば雄滝があります。
d0328977_16121672.jpg


金剛の滝、落差18mの雄滝。
d0328977_16023082.jpg

テンナンショウの仲間の実、極力無視していましたがこれはかなりきれいだった。広徳寺に向かう道にて。
d0328977_16023486.jpg

キツネノカミソリ(狐の剃刀)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)、花期には葉は枯れているようです。広徳寺から小峰公園に向かう道にて。
d0328977_16023876.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23304476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-07-18 16:03 | 五日市・檜原方面 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31