三頭山

2016年7月23日
檜原都民の森駐車場を起点にして鞘口峠から三頭山西峰、ムシカリ峠、三頭大滝の周回コースを歩きました。曇り時々雨模様で、気温は低かったけれど湿度がかなり高く、一日中じめじめした天候でした。メガネもレンズのフィルターもすぐ曇ってしまい撮影には苦労しましたが、途中からは靄がかかったような天候になり幻想的な風景でした。また、明け方までは雨が降っていたようで、たくさんの蜘蛛の巣が雨に濡れて光ていました。今日はほとんど晴れ間もなく残念な一日だったと思っていましたが、下山途中で会った方が「今日は最高の撮影日和だねえ!」と興奮気味に言うのを聞いて、なるほどと感心しました。

ギンバイソウ(銀梅草)(アジサイ科ギンバイソウ属)、標高が低いところを中心に花の盛りを迎えていました。鞘口峠に向かう道にて。
d0328977_20340926.jpg

ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属)、鞘口峠に向かう道にて。
d0328977_20341313.jpg

イチヤクソウ(一薬草)(ツツジ科イチヤクソウ属)、奇跡的に咲き残りが目に入りました。ブナの路、三頭山西峰に向かう稜線にて。
d0328977_20341754.jpg

蜘蛛の巣。雨上がりでたくさんの蜘蛛の巣がきれいな幾何模様を描いていました。ブナの路、三頭山西峰に向かう稜線にて。
d0328977_20342144.jpg

シモツケソウ(下野草)(バラ科シモツケソウ属)、三頭山西峰にて。
d0328977_20342541.jpg

ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)(キク科コウヤボウキ属)、ちょうど咲き始め。きれいな花をたくさん咲かせていました。ムシカリ峠に下る道にて。
d0328977_20342805.jpg

ギンリョウソウ(銀竜草)(ツツジ科ギンリョウソウ属)、出てきたばかりの真っ白なギンリョウソウ。ブナの路、三頭山西峰に向かう稜線にて。
d0328977_20343286.jpg

クサアジサイ(草紫陽花)(アジサイ科クサアジサイ属)、ムシカリ峠から三頭大滝に下る道にて。
d0328977_20343672.jpg

沢の流れ、ムシカリ峠から三頭大滝に下る道にて。
d0328977_20344198.jpg

ムラサキシキブ(紫式部)(シソ科ムラサキシキブ属)、ムシカリ峠から三頭大滝に下る道にて。
d0328977_20344420.jpg

トチノキ(栃の木)(ムクロジ科トチノキ属)の巨木、都民の森駐車場近くにて。
d0328977_20345397.jpg

ツリフネソウ(釣船草)(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)、都民の森駐車場近くにて。
d0328977_20345806.jpg



ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------



トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23337019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-07-27 20:40 | 奥多摩 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31