青梅丘陵ハイキングコース

2016年08月01日
梅雨は明けましたが、ここのところ不安定な天候が続いています。本日の予報も午後の天気が怪しかったので、いつ雨に降られてもすぐ帰ってこられる場所ということで近場の青梅丘陵ハイキングコースを歩いて来ました。今の時期、あまり目立つ花も咲いておらず、じめじめして気温も高く、大汗をかくのでいろんな虫が寄ってきました。私の場合は虫よけスプレーと虫取り線香(蚊取り線香ではない)が必須です。何もいいことはなさそうでしたが、オオムラサキに会うことができたのが本日唯一の収穫でした。

本日見かけた花、最初は バイカツツジ(梅花躑躅)(ツツジ科ツツジ属)、6月下旬から一ヶ月以上、もう少し楽しめそうです。
d0328977_22253714.jpg

コウヤボウキ(高野箒)(キク科コウヤボウキ属)
d0328977_22254196.jpg

ヤブラン(藪蘭)(キジカクシ科ヤブラン属)
d0328977_22254508.jpg

ミズタマソウ(水玉草)(アカバナ科ミズタマソウ属)、ウシタキソウもよく似ているらしい。葉を撮影しなかったので次回確認します。
d0328977_22254821.jpg

ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属)、まだまだきれいな花が咲いています。
d0328977_22255187.jpg

オニユリ(鬼百合)(ユリ科ユリ属)、葉の付け根にむかごがあるのでオニユリでしょう。
d0328977_22255590.jpg

ジャノヒゲ(蛇の髭、別名リュウノヒゲ)(キジカクシ科ジャノヒゲ属)、オオバジャノヒゲよりもさらに低い花です。地面にへばり付いて撮影しました。
d0328977_22255838.jpg

ルリタテハ(タテハチョウ科)
d0328977_22260258.jpg

オオムラサキ(タテハチョウ科)雄、オスの表翅は青紫色に白や黄色の斑紋が入ります。メスは青紫色の部分が黒褐色になります。
d0328977_22260548.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23371691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-08-02 22:24 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31