大菩薩峠

2016年8月5日
甲州市塩山辺りの天気は晴れ、気温も35℃以上という天気予報だったので、熱中症に注意しなければと思いながら上日川峠に向かいました。到着してみると大菩薩周辺は曇り、靄に包まれていて遠望も全く利きません。気温もそれほど高くないのはよかったのですが、雷岩から大菩薩峠への稜線では時折小雨模様の天気でした。大菩薩峠に到着後、そのまま福ちゃん莊に下ろうかと一瞬思ったのですが、なんとか天気も持ちそうかなと期待して石丸峠に向かいました。それが大きな間違いで、石丸峠を見下ろす防火帯のあたりで土砂降りの雨に降られ散々な目にあってしまいました。今回はカメラのレインカバーを紛失したりで、どうも大菩薩方面は私のとって鬼門のようです。

タチコゴメグサ(立小米草)(ハマウツボ科コゴメグサ属)、唐松尾根の雷岩近く、雷岩から親知らずの頭までの稜線上でちらほら見られました。
d0328977_16080149.jpg

イワキンバイ(岩金梅)(バラ科キジムシロ属)、雷岩周辺に咲いていました。
d0328977_16080413.jpg

シロニガナ(白苦菜)(キク科ニガナ属)
d0328977_16080643.jpg

ハナイカリ(花錨)(リンドウ科ハナイカリ属)、稜線上の至る所で見ることができます。
d0328977_16081090.jpg

ウスユキソウ(薄雪草)(キク科ウスユキソウ属)
d0328977_16081383.jpg

コウリンカ(紅輪花)(キク科オカオグルマ属)、この花は鹿の食害とは無縁のようです。稜線上の草原にはこの花が群生しています。
d0328977_16082162.jpg

カイフウロ(甲斐風露)(フウロソウ科フウロソウ属)、雨が止んだ直後、花びらがしっとりしました。
d0328977_16082434.jpg

ヤマハハコ(山母子)(キク科ヤマハハコ属)
d0328977_16082799.jpg

ソバナ(岨菜)(キキョウ科ツリガネニンジン属)
d0328977_16082936.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23384393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-08-08 16:17 | 奥秩父 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31