青梅丘陵ハイキングコース

2016年8月21日
午前中は雨、午後から晴れのち曇りという予報に反して朝から晴れ、天気予報を信じて何の予定も入れていなかったので、特に準備も要らない青梅丘陵ハイキングコースに出かけました。

青梅赤塚不二夫会館隣の昭和レトロ商品博物館。昭和30,40年代のお菓子や煙草などの商品パッケージなどを集めた博物館です
d0328977_22491155.jpg

ミズタマソウ(水玉草)(アカバナ科ミズタマソウ属)、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22492249.jpg

センニンソウ(仙人草)(キンポウゲ科センニンソウ属)、第4休憩所、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22492557.jpg

ヤマニガナ(山苦菜)(キク科アキノノゲシ属)、第4休憩所、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22492827.jpg

オオムラサキ(タテハチョウ科) 雌、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22493214.jpg

シラヤマギク(白山菊)(キク科シオン属)、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22493510.jpg

オオヒキヨモギ(大引蓬)(ハマウツボ科ヒキヨモギ属)
d0328977_22493807.jpg

ツルリンドウ(蔓竜胆)(リンドウ科ツルリンドウ属)、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22494114.jpg

カシワバハグマ(柏葉白熊)(キク科コウヤボウキ属)の蕾、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22494474.jpg

ホタルブクロ(蛍袋)(キキョウ科ホタルブクロ属)、がく片の間に反り返る付属体が見えます。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22494839.jpg

ミヤマフユイチゴ(深山冬苺)(バラ科キイチゴ属)、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22495117.jpg

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22495350.jpg

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)(キク科アキノキリンソウ属)、他で見るのと比べて非常に小さいけどアキノキリンソウだと思います。青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22495584.jpg

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)雌とナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)(キク科コウヤボウキ属)、青梅丘陵ハイキングコースにて。
d0328977_22495828.jpg

オミナエシ(女郎花)(スイカズラ科オミナエシ属)、これは古民家の庭に植えられたものです。釜の淵公園にて。
d0328977_22500173.jpg

ガマ(蒲)(ガマ科ガマ属)、釜の淵公園にて。
d0328977_22502633.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23440846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-08-28 22:48 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31