南高尾山稜

2016年9月30日
本沢梅林横の駐車スペースを起点にして三沢峠から西山峠を歩いた後、梅の木平に下ってから三沢峠に登り返しました。今回は南高尾のアケボノソウを見たいと思いましたが簡単には見つけることはできませんでした。でも、久しぶりに歩く南高尾はなかなかいい場所で、機会があれば今年もう一度歩いてみたいと思っています。

ノダケ(野竹)(セリ科シシウド属)
d0328977_19005385.jpg


シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節)、葉は長楕円状披針形で先がとがり、ふちには大きな鋸歯があります。
d0328977_19010345.jpg


ゲンノショウコ(現の証拠)(フウロソウ科フウロソウ属)、東日本には白花、西日本には赤花が多いらしいです。
d0328977_19011020.jpg


ツリバナ(吊花)(ニシシギ科ニシシギ属)の実
d0328977_19011364.jpg


ノブキ(野蕗)(キク科ノブキ属)
d0328977_19011961.jpg


カシワバハグマ(柏葉白熊)(キク科コウヤボウキ属)、山稜全般で花の盛り。きれいな花がたくさん咲いていました。
d0328977_19012327.jpg


ノハラアザミ(野原薊)(キク科アザミ属)、このあたりに咲いているアザミはトネアザミ、アズマヤマアザミとこの花ぐらいでしょうか。
d0328977_19043190.jpg


ヤブマメ(藪豆)(マメ科ヤブマメ属)、案外きれいな花が見つかったのでパチリ。
d0328977_19043486.jpg


シモバシラ(霜柱)(シソ科シモバシラ属)、高尾ではそろそろ終わり?南高尾ではきれいな花が見つかりました。
d0328977_19043804.jpg


オトコエシ(男郎花)(スイカズラ科オミナエシ属)
d0328977_19044200.jpg


ツクシハギ(筑紫萩)(マメ科ハギ属)、旗弁の色がピンク色で龍骨弁が長い。ガク裂片の先が丸い。
d0328977_19044642.jpg


コウヤボウキ(高野箒)(キク科コウヤボウキ属)
d0328977_19044906.jpg


オケラ(朮)(キク科オケラ属)、花の周りの魚の骨のような苞が特徴です。
d0328977_19051462.jpg


チャノキ(茶の木、別名チャ)(ツバキ科ツバキ属)、お茶の花です。
d0328977_19052090.jpg


シロバナミゾソバ(白花溝蕎麦)、ヤマミゾソバとかもあって区別がよくわかりませんが、とりあえず。
d0328977_19090955.jpg


カラスノゴマ(烏の胡麻)(アオイ科カラスノゴマ属)
d0328977_19091350.jpg


ゲンノショウコ(現の証拠)(フウロソウ科フウロソウ属)、こちらは見慣れた白花。
d0328977_19091607.jpg


キバナアキギリ(黄花秋桐)(シソ科アキギリ属)、これは大変小さいキバナアキギリ。まだ新鮮な感じです。
d0328977_19092075.jpg


ミゾソバ(溝蕎麦、別名ウシノヒタイ)(タデ科イヌタデ属)
d0328977_19104771.jpg


シラネセンキュウ(白根川芎)(セリ科シシウド属)とダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
d0328977_19105445.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------

トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23529008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-10-03 19:19 | 八王子周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31