青梅丘陵ハイキングコース ~ 聞修院から

2016年10月16日
今回は聞修院から青梅の杜、10番鉄塔を経由して青梅丘陵ハイキングに入ってみました。5日前に歩いたこぶしの森ハイキングコースと同じようなコースかなと思っていましたが、花の観察にはこぶしの森ハイキングコースの方が良さそうです。また、林道から稜線に上る道は東電の送電線巡視路のようですが、道がかなり急でしかも崩れ気味なのでハイキングには向かないと思いました。青梅丘陵のセンブリは今回もほとんど蕾でした。9月以降の悪天候の影響もあるかもしれませんが、植えられた木が大きくなって日当たりが悪くなったことが一番の原因かもしれません。

オトコエシ(男郎花)(スイカズラ科オミナエシ属)、もうほとんど終わり。咲き残りです。
d0328977_17392447.jpg


ヤクシソウ(薬師草)(キク科アゼトウナ属)
d0328977_17392962.jpg


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)(キク科アキノキリンソウ属)、ハイキングコースの至る所で見られました。
d0328977_17393419.jpg


イモカタバミ(芋傍食)(カタバミ科カタバミ属)、ムラサキカタバミと違って葯は黄色。
d0328977_17393835.jpg


アカカタバミ(赤傍食)(カタバミ科カタバミ属)、葉が赤かったのでアカカタバミでしょうか。
d0328977_17394238.jpg


ヤマハッカ(山薄荷)(シソ科ヤマハッカ属)
d0328977_17394735.jpg


ムラサキシキブ(紫式部)(シソ科ムラサキシキブ属)
d0328977_17395071.jpg


センブリ(千振)(リンドウ科センブリ属)、まだ蕾ばかり。咲いている花は一つしか見つかりませんでした。
d0328977_17395473.jpg


コシオガマ(小塩竈)(ハマウツボ科コシオガマ属)、もうほとんど終わりです。いくつか寂しく咲いていました。
d0328977_17395871.jpg


コウヤボウキ(高野箒)(キク科コウヤボウキ属)
d0328977_17400151.jpg


ヤマジノギク(山路野菊)(キク科シオン属イソノギク節)、分布は静岡県以西となっているので違うかもしれません。
d0328977_17400921.jpg
d0328977_17401098.jpg
d0328977_17401174.jpg


オケラ(朮)(キク科オケラ属)
d0328977_17401104.jpg


キチジョウソウ(吉祥草)(キジカクシ科キチジョウソウ属)、吉事があると開花するという伝説があるようです。縁起がいいから植えられたのかもしれません。
d0328977_17401206.jpg
d0328977_17401284.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23568358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-10-22 17:38 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31