羽村取水堰から福生

2016年11月4日
羽村取水堰から多摩川流域を歩いて咲残りのカワラノギクを見てきました。群生地にはすごい数のカワラノギクが生えており、全盛期にはさぞかし立派だったと思います。羽村周辺にあるというセンダングサも探してみましたが、目につくのはコセンダングサかシロノセンダングサばかりで残念でした。(写真はクリックすると拡大します。)

ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)
d0328977_19210397.jpg


コスモス
d0328977_19210821.jpg


キタキチョウ(シロチョウ科)
d0328977_19211286.jpg


ベニシジミ(シジミチョウ科)
d0328977_19212040.jpg


モンシロチョウ(シロチョウ科)
d0328977_19212168.jpg


ノイバラ(野茨)(バラ科バラ属)の実
d0328977_19213729.jpg


カワラノギク(河原野菊)(キク科シオン属イソノギク節)、群生地のカワラノギクです。最盛期は素晴らしかったでしょう。
d0328977_19213709.jpg

d0328977_19213830.jpg


クコ(枸杞)(ナス科クコ属)の花
d0328977_19213802.jpg


ツリガネニンジン(釣鐘人参)(キキョウ科ツリガネニンジン属)
d0328977_19213901.jpg


イヌタデ(犬蓼)(タデ科イヌタデ属)
d0328977_19215218.jpg


ナンテンハギ(南天萩)(マメ科ソラマメ属)
d0328977_19215228.jpg


ホトケノザ(仏の座、別名サンガイグサ)(シソ科オドリコソウ属)
d0328977_19215388.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------

トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23602242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-11-07 19:20 | その他 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31