青梅丘陵ハイキングコース

2016年11月25日
前日雪が降ったので、雪の中から顔を出すリンドウでも撮影できないかなと期待して、青梅丘陵ハイキングコースに向かいました。ところがもともと大した雪も降らなかったうえに、コナラの林の下では雪もほとんど積もらず、雪の中から顔を出すリンドウは全くの当て外れでした。さらに、葉に積もっていた雪が解け始めて大粒の雨ふり状態、散々な目に会いました。花はリンドウやリュウノウギク以外は終わっていましたが、それに代わっていろいろな草木の実ができていて、それらを探しながら歩くのも楽しいものでした。 (写真はクリックすると拡大します。)

ムクロジ(無患子)(ムクロジ科ムクロジ属)、前から気になっていましたが葉の形からムクロジではないでしょうか。種子を羽根つきの羽の玉にしたそうです。
d0328977_17214375.jpg


風の子太陽の子広場に移動してきました。まだうっすらと雪化粧しています。
d0328977_17214366.jpg


マルバウツギ(丸葉空木)(アジサイ科ウツギ属)、花がないとわかりづらいですがマルバウツギでしょうか。
d0328977_17214460.jpg


リンドウ(竜胆)(リンドウ科リンドウ属)、雪の中のリンドウを狙ってきたのですが、林の中なのであまり積もらなかったようです。
d0328977_17214583.jpg


サルトリイバラ(猿捕茨)(ユリ科 シオデ属)の実、遠くから見たらヤブコウジかと思いましたが、それ以上に一際色鮮やかな赤い実でした。
d0328977_17214650.jpg


フユイチゴ(冬苺)(バラ科キイチゴ属)の実、光の具合でしょうか、赤というよりは微妙に橙色の実でした。
d0328977_17214699.jpg


歩く道は落ち葉だらけ。真ん中の葉はオオモミジの葉でしょうか。
d0328977_17214795.jpg


ヤマハゼ(山櫨)(ウルシ科ツタウルシ属)、きれいな紅葉。名前はあまり自信ありませんが冬芽で判断しました、
d0328977_17214890.jpg


ウリカエデ(瓜楓)(ムクロジ科カエデ属)、黄色なのか橙色なのか微妙な紅葉です。
d0328977_17214898.jpg


コゴメウツギ(小米空木)(バラ科コゴメウツギ属)の黄葉
d0328977_17223004.jpg


ヤブコウジ(藪柑子)(サクラソウ科ヤブコウジ属)の実
d0328977_17223146.jpg


カラスウリ(烏瓜)(ウリ科カラスウリ属)の実
d0328977_17223174.jpg


ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属)の実と黄葉。葉の付き方が図鑑などと違うので迷いましたが、植物は芽生えた場所の環境に合わせ自分を変える能力をもっていて、光環境により変幻自在に葉序(葉の付き方)を使い分けるようです。葉の幅もかなり広い。
d0328977_17223370.jpg


コバノガマズミ(小葉莢)(レンプクソウ科ガマズミ属)の実、だいぶ実が減ってきました。野鳥が食べているのでしょうか。
d0328977_17223363.jpg


ヤブムラサキ(シソ科ムラサキシキブ属)の実、ムラサキシキブの実と比べるとかなり大きそうです。
d0328977_17223424.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節)、今の時期、貴重な花です。
d0328977_17223411.jpg


クロモジ(黒文字)(クスノキ科クロモジ属)の冬芽と黄葉、独特の花芽が見えないのですが、葉とか葉芽の様子からクロモジでしょうか。
d0328977_17223558.jpg


コアジサイ(小紫陽花)(アジサイ科アジサイ属)の黄葉
d0328977_17223526.jpg


オトコヨウゾメ(男ようぞめ)(スイカズラ科ガマズミ属)、真っ赤な実と紅葉、一際きれいでした。
d0328977_17223603.jpg


ジャノヒゲ(蛇の髭、別名リュウノヒゲ)(キジカクシ科ジャノヒゲ属)の種子 その1、少し緑がかった青い種子です。近くにあったフユイチゴのお陰で気づきました。
d0328977_17225377.jpg


キッコウハグマ(亀甲白熊)(キク科モミジハグマ属)の実、花は見なかった場所でもよく見かけます。
d0328977_17225347.jpg


センリョウ(千両)(センリョウ科センリョウ属)の実、上向きに実がなっているからセンリョウでしょうね。
d0328977_17225465.jpg


キチジョウソウ(吉祥草)(キジカクシ科キチジョウソウ属)の実、ちょとお渋い臙脂色が気に入ってます。
d0328977_17225419.jpg


マンリョウ(万両)(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)の実、ヤブコウジ、センリョウ、最後はマンリョウで閉めました。
d0328977_17225568.jpg


ヤブラン(藪蘭)(キジカクシ科ヤブラン属)の種子
d0328977_17225597.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。
花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いも多いと思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23689107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2016-11-25 17:20 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31