釜の淵公園、永山丘陵

2017年2月25日
いつものように釜の淵公園からスタートして永山丘陵を歩いてきました。花を探しながらいろんな場所を歩いてみましたが本格的な春の花の季節にはもう少し時間がかかりそうです。  (写真はクリックすると拡大します。)


ホトケノザ(仏の座、別名サンガイグサ)(シソ科オドリコソウ属)、この近辺で最も有り触れた草花の一つです。
d0328977_10125844.jpg
d0328977_10125814.jpg


サンシュユ(山茱萸)(ミズキ科ミズキ属)、蕾が出来てからなかなか開花してくれません。
d0328977_10050906.jpg


フクジュソウ(福寿草)(キンポウゲ科フクジュソウ属)、きれいなので撮りがいのある花です。
d0328977_10050986.jpg
d0328977_10051040.jpg


ウメ(梅)(バラ科アンズ属)、この梅は青梅市内金剛寺の「将門誓いの梅」から殖やした梅です。
d0328977_10051084.jpg


コハコベ(小繁縷)(ナデシコ科ハコベ属)、茎が暗紫色で雄しべが3個と少ないのでコハコベでしょうか。
d0328977_10051124.jpg


キチジョウソウ(吉祥草)(キジカクシ科キチジョウソウ属)の果実、釜の淵公園から永山丘陵に向かっています。
d0328977_10051195.jpg


シロバナタンポポ(白花蒲公英)(キク科タンポポ属)でしょうか。
d0328977_10051207.jpg


ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)(シソ科オドリコソウ属)
d0328977_10051212.jpg


オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)(オオバコ科クワガタソウ属)
d0328977_10053059.jpg


ナズナ(薺、別名ペンペングサ)(アブラナ科ナズナ属)
d0328977_10053013.jpg


ジュウニヒトエ(十二単)(シソ科キランソウ属)、咲き始めのジュウニヒトエでしょうか。
d0328977_10053127.jpg


ヤマガラ(山雀)(スズメ目シジュウカラ科)
d0328977_10125851.jpg
d0328977_10130725.jpg


アセビ(馬酔木)(ツツジ科アセビ属)
d0328977_10130801.jpg


フユイチゴ(冬苺)(バラ科キイチゴ属)の果実
d0328977_10130816.jpg


マンリョウ(万両)(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)の果実
d0328977_10130950.jpg


カンアオイ(寒葵、別名カントウカンアオイ)(ウマノスズクサ科カンアオイ属)
d0328977_10130920.jpg


キュウリグサ(胡瓜草、別名タビラコ)(ムラサキ科キュウリグサ属)
d0328977_10131010.jpg
d0328977_10131060.jpg


タチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)
d0328977_10131026.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いもある思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/23935593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2017-03-09 10:23 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31