青梅周辺の花

2017年03月25日
天祖神社のカタクリ群生地にカタクリの花を見に行ってきました。昨年は3月20日頃にはきれいな花を近くで見ることが出来たのですが、今年は少し開花が遅れているようです。斜面の上のほうではちらほら咲いていましたが道路に近いところではまだまだ蕾でした。写真は比較的近いところに咲いているカタクリを何とか望遠レンズで撮影したものです。この様子では3月末ぐらいが花の見ごろになるのではないでしょうか。 (写真はクリックすると拡大します。)

多摩川にかかる調布橋、今日はここからスタートです。
d0328977_20483092.jpg


これは、オドリコソウ(踊り子草)(シソ科オドリコソウ属)、これは今にも咲きそうですが、このあたりでは4月上旬に咲き始めます。淡黄色タイプ、淡紅紫タイプ両方が見られます。ヒメオドリコソウに比べてだいぶ大きいです。
d0328977_20485980.jpg


カタクリ(片栗)(ユリ科カタクリ属)、道路に近い場所ではあまり開花していませんでした。昨年よりも開花が遅いようです。望遠レンズを持ってきてよかった。斜面の上のほうではちらほら開花しています。
d0328977_20491503.jpg
d0328977_20491648.jpg
d0328977_20491602.jpg


アブラチャン(油瀝青)(クスノキ科クロモジ属)、開花し始めのようです。昔、この樹の果実や樹皮を燃やして明かりをともしたのが名前の由来だそうです。
d0328977_20493364.jpg


アオイスミレ(葵菫、別名ヒナブキ)(スミレ科スミレ属ニオイスミレ類)、花の色が淡紫色です。
d0328977_20493348.jpg


ネコノメソウ(猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、葉のつき方が対生であることを確認しました。
d0328977_20493407.jpg


ヤマルリソウ(山瑠璃草)(ムラサキ科ルリソウ属)、それほど注意しなくても簡単に見つかるほど咲いてきました。花の基部の白いふくらみがきれいなのを探すのに苦労しました。
d0328977_20493450.jpg
d0328977_20493430.jpg


釜の淵公園入り口、しばらく公園の中で花の観察をしてみます。
d0328977_20494387.jpg


フキ(蕗)(キク科フキ属)、ほぼ満開状態に近くなりました。
d0328977_20501847.jpg


ヒサカキ(姫榊)(サカキ科ヒサカキ属)、特有の匂いで花の存在に気付きました。
d0328977_20501850.jpg


ヒロハコンロンソウ(広葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)、水がちょろちょろ流れているような場所に咲いていました。コンロンソウかも知れないとおもいましたが葉柄基部が茎を抱いていた(2枚目の写真)ので、やはりヒロハコンロンソウのようです。
d0328977_20501997.jpg
d0328977_00014665.jpg
d0328977_20501931.jpg


セントウソウ(仙洞草、別名オウレンダマシ)(セリ科セントウソウ属)
d0328977_20503477.jpg


ニリンソウ(二輪草)(キンポウゲ科イチリンソウ属)、あっという間にいろんな場所で咲き始めています。
d0328977_20503555.jpg


アズマイチゲ(東一華)(キンポウゲ科イチリンソウ属)
d0328977_20503666.jpg


アメリカフウロ(亜米利加風露)(フウロソウ科フウロソウ属)でしょうか。歩道脇に咲いていました。
d0328977_20503625.jpg


カタバミ(傍食)(カタバミ科カタバミ属)、同じく歩道脇に咲いていました。
d0328977_20503658.jpg


カラスノエンドウ(烏野豌豆、別名ヤハズエンドウ)(マメ科ソラマメ属)
d0328977_20503778.jpg


ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)(ケシ科キケマン属)
d0328977_20505643.jpg


セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)(キンポウゲ科オオヒエンソウ属)
d0328977_20505723.jpg


ムラサキケマン(紫華鬘)(ケシ科キケマン属)
d0328977_20505899.jpg
d0328977_20505742.jpg


コスミレ(小菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)
d0328977_20505835.jpg


シロバナタンポポ(白花蒲公英)(キク科タンポポ属)
d0328977_20505916.jpg


キュウリグサ(胡瓜草、別名タビラコ)(ムラサキ科キュウリグサ属)、下を見ながら歩いていると道端によく咲いています。よく似た花にハナイバナがありますが、ハナイバナの花弁のふくらみは白色です。
d0328977_20510916.jpg
d0328977_20512396.jpg
d0328977_20512391.jpg


ここから永山丘陵、あるいは青梅丘陵ハイキングコースに入ります。
d0328977_20510966.jpg


センボンヤリ(千本槍、別名ムラサキタンポポ)(キク科センボンヤリ属)
d0328977_20511052.jpg
d0328977_20511159.jpg


ヒメスミレ(姫菫)(ミヤマスミレ類)、砂利を敷き詰めた場所に群生していました。
d0328977_20511141.jpg
d0328977_20511279.jpg


タチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)の群落。
d0328977_20512342.jpg


ジュウニヒトエ(十二単)(シソ科キランソウ属)、同じ花が成長してだいぶジュウニヒトエらしくなってきました。
d0328977_20513338.jpg


シュンラン(春蘭)(ラン科シュンラン属)
d0328977_20513453.jpg


青梅赤塚不二夫会館、本日の散策はここで終了です。
d0328977_20513490.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いもある思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/24021363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2017-03-25 20:47 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31