秋川方面の花

2017年3月30日
JR五日市線の武蔵五日市駅近くに駐車して、秋川駅を起点に秋川丘陵から横沢入、さらに車で移動して小峰公園を歩いてきました。この方面の秋川丘陵は初めてだったのであまり様子はわからないのですが、春の花の開花が遅れている印象でした。スミレの花としてはタチツボスミレ、アオイスミレ、シハイスミレなどが見られましたが、その他のスミレはまだこれからでしょうか。今回は秋川丘陵を途中で降りてしまいましたが、さらに網代弁天山、網代城山方面まで歩くコースもよいかもしれません。 (写真はクリックすると拡大します。)

JR五日市線武蔵五日市に駐車して、電車を利用して秋川駅に移動してきました。
d0328977_00102301.jpg


キュウリグサ(胡瓜草、別名タビラコ)(ムラサキ科キュウリグサ属)、下を見ながら歩いているといろんな花が目につきます。
d0328977_00102464.jpg
d0328977_00102479.jpg


ここは秋留橋、戸吹トンネル手前を右折して、前方に見える秋川丘陵を目指します。
d0328977_00102432.jpg


丘陵の尾根を目指してじめじめした山道を登っています。カンスゲぐらいしか目に入りませんでした。
d0328977_00102592.jpg


尾根に到着。登山口が立ち入り禁止になっていたりして、少し時間のロスがありました。
d0328977_00102380.jpg


シハイスミレ(紫背菫)(ミヤマスミレ類)、本日の目的のスミレです。枯葉に埋まるように咲いていました。葉の裏は濃い紫色でした。
d0328977_00111334.jpg
d0328977_00111239.jpg


稜線上の歩きやすい道を進んでいます。途中、急に竹藪が出現しました。
d0328977_00111343.jpg


尾根上にほとんど花を見かけません。久しぶりの花はタチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類) その1 でした。
d0328977_00111416.jpg
d0328977_00111591.jpg


ウグイスカグラ(鶯神楽)(スイカズラ科スイカズラ属) その1
d0328977_00111512.jpg


しばらく行くと、シハイスミレ(紫背菫)(ミヤマスミレ類)が数株まとまって咲いていました。
d0328977_00113294.jpg
d0328977_00113274.jpg
d0328977_00113377.jpg
d0328977_00113423.jpg


途中ゴルフボールが落ちていたので「何故こんな場所に」と思っていましたが、ゴルフ場に沿ってハイキング道がありました。
d0328977_00113476.jpg


ツバキ(椿)(ツバキ科ツバキ属)
d0328977_00113529.jpg


アセビ(馬酔木)(ツツジ科アセビ属)
d0328977_00114684.jpg


秋川丘陵を下りて、 武蔵増戸駅近くから五日市線沿いを歩いてきました。ここは横沢入の入り口近くです。
d0328977_00114722.jpg


セントウソウ(仙洞草、別名オウレンダマシ)(セリ科セントウソウ属)
d0328977_00114711.jpg


アマナ(甘菜、別名ムギグワイ)(ユリ科アマナ属)
d0328977_00114830.jpg
d0328977_00114886.jpg


ムラサキケマン(紫華鬘)(ケシ科キケマン属)
d0328977_00120194.jpg


ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)(ケシ科キケマン属)
d0328977_00120166.jpg


カントウタンポポ(関東蒲公英)(キク科タンポポ属)
d0328977_00120239.jpg


ミツバツチグリ(ミツバツチグリ)(バラ科キジムシロ属)
d0328977_00120200.jpg


オカスミレ(丘菫)(ミヤマスミレ類)、日の当たりがいい道端に群生していました。側弁基部以外には毛が見えないのでオカスミレとしました。
d0328977_00120292.jpg


ニッコウネコノメ(日光猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、葯が暗紅紫色で雄しべが咢よりも長く萼片が黄白色で平開している。ニッコウネコノメでいいでしょうか。
d0328977_00121576.jpg


アオイスミレ(葵菫、別名ヒナブキ)(スミレ科スミレ属ニオイスミレ類)
d0328977_00121730.jpg


マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)、アオイスミレの近くに咲いていました。小葉は円心形で有毛。
d0328977_00121781.jpg
d0328977_00121789.jpg


武蔵五日市駅の駐車場から車で移動してきました。ただ今15:40、閉園は16:30、ちょっと忙しいです。
d0328977_00121832.jpg


カタクリ(片栗)(ユリ科カタクリ属)、ちょうど見ごろを迎えていました。
d0328977_00123595.jpg
d0328977_00123577.jpg


ヤマルリソウ(山瑠璃草)(ムラサキ科ルリソウ属)、ちらほらとしか咲いていません。昨年よりもだいぶ数を減らしていました。
d0328977_00123604.jpg
d0328977_00123690.jpg


ネコノメソウ(猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、葉が対生していて雄しべは4個、萼片は直立していて黄色、苞は黄緑色、ネコノメソウでしょうね。
d0328977_00123772.jpg


ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類)
d0328977_00123850.jpg


ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、葯が暗紅紫色で雄しべが咢よりも少し長く萼片が淡褐色で直立している。ヨゴレネコノメでいいでしょうか。
d0328977_00124952.jpg


シュンラン(春蘭)(ラン科シュンラン属)、このあたりはシュンラン通りです。たくさんのシュンランが開花しています。
d0328977_00124942.jpg
d0328977_00125081.jpg
d0328977_00125064.jpg
d0328977_00125026.jpg


コスミレ(小菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)
d0328977_00125133.jpg


ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)(サトイモ科テンナンショウ属)、仏炎苞の口辺部が耳たぶのように張り出している。
d0328977_00125707.jpg

ではまた。
-------------------------------
科名はAPG植物分類体系に基づいて記載しており、主に「野に咲く花」、「山に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)、「よくわかる樹木大図鑑」(長岡書店)などを参照しています。花の名前は図鑑やネットで調べていますが間違いもある思います。申し訳ありませんがその場合はご容赦ください。
-------------------------------


トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/24045052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2017-03-30 00:09 | 五日市・檜原方面 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31