奥武蔵方面の花

2017年04月07日
奥武蔵方面に花観察に行って来ました。ハナネコノメはあまり期待していませんでしたが、日当たりのあまりよくない場所のハナネコノメは少しだけですが赤い葯をつけていました。すみれはノジスミレ、タチツボスミレ、アオイスミレ、ナガバノスミレサイシン、崖下のため撮影できなかったエイザンスミレ、ニオイタチツボスミレなどがありましたが、非常に少ないという印象でした。イワウチワは期待通りちょうど見ごろを迎えていました。セリバオウレンが全く予期しない場所に咲いていたのには驚かせられました。 (写真はクリックすると拡大します。)

マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
d0328977_19400511.jpg


アカフタチツボスミレ(赤斑立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)、ちょっと斑の色が薄いのでアカフとは言わないかも知れませんが。
d0328977_19400736.jpg


キブシ(木五倍子)(キブシ科キブシ属)
d0328977_19400785.jpg


ミツバツツジ(三葉躑躅)(ツツジ科ツツジ属)
d0328977_19400847.jpg


ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類)
d0328977_19400868.jpg
d0328977_19400967.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、赤い葯のついている花はあまりありません。
d0328977_19403706.jpg
d0328977_19403827.jpg
d0328977_19404098.jpg
d0328977_19410748.jpg


コチャルメルソウ(小哨吶草)(ナデシコ科ナデシコ属)
d0328977_19404009.jpg


ニッコウネコノメ(日光猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、ヨゴレネコノメに似ているけど萼片が黄白色です。
d0328977_19404002.jpg


トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)(キンポウゲ科シロカネソウ属)
d0328977_19410859.jpg
d0328977_19410949.jpg


アズマイチゲ(東一華)(キンポウゲ科イチリンソウ属)
d0328977_19411040.jpg
d0328977_19411172.jpg


ハシリドコロ(走野老)(ナス科ハシリドコロ属)
d0328977_19411068.jpg


アカゲラ(赤啄木鳥)(キツツキ目キツツキ科) メス 、斜面の上のほうで遊んでいました。可愛らしい顔です。
d0328977_19411131.jpg
d0328977_19411194.jpg


イワウチワ(岩団扇)(イワウメ科イワウチワ属) 、淡いピンクです。濃いピンクを探しましたが見つかりませんでした。
d0328977_19414211.jpg
d0328977_19414310.jpg
d0328977_19414361.jpg
d0328977_19414416.jpg
こちらは白いタイプ。ほとんどがこのタイプです。
d0328977_19414268.jpg


ユリワサビ(百合山葵)(アブラナ科ワサビ属)
d0328977_19414400.jpg


セリバオウレン(芹葉黄連)(キンポウゲ科オウレン属)、こんなところにセリバオウレン。
d0328977_19414517.jpg

ではまた。

トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/24078773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2017-04-10 19:52 | 奥武蔵 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30