青梅周辺の花

2017年7月25日
今日は午後から天気がくずれる予報だったのですが、オオヒキヨモギの様子が気になったので青梅丘陵を歩いてみました。例年8月中旬以降に写真撮影していたので、花期は8月中旬以降と勝手に思い込んでいたのですが既にたくさんの株で開花していました。手持ちの図鑑によればオオヒキヨモギの花期は8月、9月。今年は開花の遅れた花も多いですがオオヒキヨモギは平年並みだったようです。序にちょっと足を延ばしてオオムラサキを見てきました。  (写真はクリックすると拡大します。)

オニユリ(鬼百合)(ユリ科ユリ属)、葉腋にむかごがついていました。中国原産の多年草で広く栽培され日本各地で野生化。
d0328977_22123831.jpg


ジャノヒゲ(蛇の髭、別名リュウノヒゲ)(キジカクシ科ジャノヒゲ属)
d0328977_22123974.jpg


ニイニゼミがすぐ近くの木にいました。
d0328977_22123907.jpg


オオヒキヨモギ(大引蓬)(ハマウツボ科ヒキヨモギ属)、日本全土に分布するヒキヨモギと違って分布が関東、中京、瀬戸内海沿岸に限られるようです。また、オオヒキヨモギの花はヒキヨモギと違って左右非対称です。また、花の色も黄色が薄いです。
d0328977_22124082.jpg
d0328977_22124085.jpg


ミズタマソウ(水玉草)(アカバナ科ミズタマソウ属)
d0328977_22124184.jpg


ハエドクソウ(蝿毒草、別名ハエトリソウ)(ハエドクソウ科ハエドクソウ属)
d0328977_22124102.jpg


ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属)
d0328977_22125094.jpg


ヒメキンミズヒキとキンミズヒキ
d0328977_22125058.jpg
d0328977_22125025.jpg


アカボシゴマダラ、昔はいなかった蝶。中国大陸から朝鮮半島に分布する蝶が人為的に持ち込まれたらしいです。
d0328977_22125176.jpg


国蝶オオムラサキ。翅の裏は非常に地味。吸蜜中は翅を閉じているので気づきにくいかも知れない。
d0328977_22125190.jpg


オオムラサキ。翅を開く瞬間を待っていました。
d0328977_22125198.jpg


ではまた。
-------------------------------
花の名前はいろいろな図鑑やネットで調べていますが間違いもあると思います。間違いにお気づきの場合にはご指摘ください。よろしくお願いいたします。
-------------------------------





トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/25070580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2017-07-25 22:48 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31