赤ぼっこ

2017年09月19日
久しぶりに長渕山ハイキングコース、赤ぼっこを歩いてみました。青梅丘陵ハイキングコースとは多摩川を挟んで反対側の丘陵ですがだいぶ植生が異なります。また、ほとんど人に会うことはないので静かな山歩きを楽しむことが出来ます。初めてのことですが、今回はニホンザルの集団に遭遇しました。吉野街道からほんの少し入ったところだったのでちょっと驚きました。 (写真はクリックすると拡大します。)

釜の淵公園からスタートして赤ぼっこに向かいます。今日は気持ちのいいハイキング日和です。
d0328977_09545422.jpg


サンザシ(山査子)(バラ科サンザシ属)の果実、中国北京市昌平県から青梅市に贈られたものです。
d0328977_09565047.jpg


キツネノマゴ(狐の孫)(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)、草むらに沢山咲いています。
d0328977_09571985.jpg


ネコハギ(猫萩)(マメ科ハギ属)、日当たりのいい斜面に地を這って咲いていました。
d0328977_09574096.jpg


ヒガンバナ(彼岸花、別名マンジュシャゲ)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)、このあたりのヒガンバネはそろそろ終盤。花びらの傷んでいるものが多かったです。
d0328977_09581141.jpg


柳淵橋を振り返って撮影しました。釜の淵公園に長居をしましたがこれから赤ぼっこに向かいます。
d0328977_09584117.jpg


ツルボ(蔓穂、別名サンダイガサ)(キジカクシ科ツルボ属)、途中の道端の草むらに咲いていました。
d0328977_09590317.jpg


ゲンノショウコ(現の証拠)(フウロソウ科フウロソウ属)、同じく道端の草むらにて。
d0328977_09592096.jpg


ヘビイチゴ(蛇苺)(バラ科キジムシロ属)
d0328977_09594041.jpg


馬引沢林道入口に到着。ここまではずっと車道歩きでした。
d0328977_10003706.jpg


ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)、ヤマホトトギスのように茎頂にまとまって咲かず、茎頂や葉腋に1,2個分散して咲く。
d0328977_10011730.jpg


馬引沢林道をニホンザルの集団が横切っていました。こちらに気付いたのか大慌てでしたが十数頭はいたような気がします。
d0328977_10020818.jpg

d0328977_10020985.jpg


ダイコンソウ(大根草)(バラ科ダイコンソウ属)
d0328977_10023887.jpg


イヌショウマ(犬升麻)(キンポウゲ科サラシナショウマ属)
d0328977_10030013.jpg


シュウカイドウ(秋海棠)(シュウカイドウ科シュウカイドウ属)、中国原産の多年草。日影のじめっとした場所でよく見かけます。
d0328977_10031722.jpg


ホウチャクソウ(宝鐸草)(イヌサフラン科チゴユリ属)の果実
d0328977_10033722.jpg


ツリフネソウ(釣船草)(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)、林道の至る所で咲いています。
d0328977_10035346.jpg


タニソバ(谷蕎麦)(タデ科イヌタデ属)、笠取で見たのとだいぶ雰囲気が違うので自信はほとんどないのですが。
d0328977_10041698.jpg


キバナアキギリ(黄花秋桐)(シソ科アキギリ属)、この花もたくさん見かけました。盛りは過ぎているようです。
d0328977_10044504.jpg


ユウガギク(柚香菊)(キク科シオン属ヨメナ節)
d0328977_10050840.jpg


ヤブマメ(藪豆)(マメ科ヤブマメ属)
d0328977_10052573.jpg


ノブキ(野蕗)(キク科ノブキ属)
d0328977_10053441.jpg


ゲンノショウコ(現の証拠)(フウロソウ科フウロソウ属)
d0328977_10061020.jpg


赤ぼっこに到着。本日は誰もいません。のんびり写真撮影が出来そうです。
d0328977_10064012.jpg

d0328977_10064183.jpg


キバナコスモス(黄花コスモス)(キク科コスモス属)、多摩川土手でもたくさん見かけますが赤ぼっこにも咲いているとは思いませんでした。繁殖力が旺盛のようです。
d0328977_10070811.jpg


シラヤマギク(白山菊)(キク科シオン属)
d0328977_10072707.jpg


ノハラアザミ(野原薊)(キク科アザミ属)とウラギンヒョウモン
d0328977_10072786.jpg


シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節)、咲き始めのようです。
d0328977_10080998.jpg


チゴユリ(稚児百合)(イヌサフラン科チゴユリ属)の果実
d0328977_10082831.jpg


ミヤマシキミ(深山樒)(ミカン科ミヤマシキミ属)の果実
d0328977_10084647.jpg


ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)、無地に近いタイプ。尾根みちでもたくさん咲いています。
d0328977_10091420.jpg


キッコウハグマ(亀甲白熊)(キク科モミジハグマ属)のつぼみ、咲き始めるのは11月初めころでしょうか。
d0328977_10094511.jpg


オトコエシ(男郎花)(スイカズラ科オミナエシ属)、日当たりのよい草原に沢山咲いていました。
d0328977_10100733.jpg


ウド(独活)(ウコギ科タラノキ属)
d0328977_10110691.jpg


ツルリンドウ(蔓竜胆)(リンドウ科ツルリンドウ属)
d0328977_10110650.jpg


愛宕山分岐に到着。愛宕山方面から見ています。本日は和田橋方面に下ります。
d0328977_10114986.jpg


ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)、今日はコース全般でこの花を見かけました。
ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属) その3、今日はコース全般でこの花を見かけました。
d0328977_10122940.jpg


きれいなキノコ、見た目食べられそうですけど。
d0328977_10130492.jpg


ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)(キク科ベニバナボロギク属)
d0328977_10133847.jpg


梅ケ谷峠入り口到着。15時10分発のバスがあったので利用しました。
d0328977_10135018.jpg


ショウキズイセン(鍾馗水仙、別名ショウキラン)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)でしょうか。道路わきに植えられていました。九州、四国、沖縄など暖地の山野に自生。
d0328977_10142716.jpg


センニンソウ(仙人草)(キンポウゲ科センニンソウ属)
d0328977_10144780.jpg


カラスノゴマ(烏の胡麻)(アオイ科カラスノゴマ属)、種子をカラスの食べるゴマに見たてた。分布は関東以西の本州と四国、九州。
d0328977_10144830.jpg

d0328977_10144958.jpg


シロノセンダングサ(白の栴檀草)(キク科センダングサ属)
d0328977_10144840.jpg


ハゼラン(爆蘭、別名サンジソウ)(スベリヒユ科ハゼラン属)、熱帯アメリカ原産の帰化植物。道端にたくさん野生化しています。
d0328977_10144988.jpg

ではまた。
-------------------------------
花の名前はいろいろな図鑑やネットで調べていますが間違いもあると思います。間違いにお気づきの場合にはご指摘ください。よろしくお願いいたします。
-------------------------------

トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/25716733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2017-09-25 09:53 | 青梅周辺 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30