奥多摩むかし道

2017年11月7日
奥多摩湖周辺の紅葉が見ごろだとテレビで紹介されていたので奥多摩むかし道を歩いてみました。残念ながら、奥多摩むかし道の紅葉は見ごろにはちょっと早かったようです。一週間後ぐらい後がちょうどいいかも知れません。花はほとんど見られませんでしたが、リュウノウギク、アワコガネギクなどの野菊を見るには今がちょうど良さそうです。 (写真はクリックすると拡大します。)

奥多摩湖に車をおいてバスで奥多摩駅まで移動してきました。ここからむかし道を歩いて奥多摩湖に戻ります。
d0328977_14555579.jpg


すぐに氷川大橋、日原川を渡ります。昨年よりも紅葉が遅れている印象です。
d0328977_14555602.jpg

d0328977_14555683.jpg


ここで青梅街道を離れてむかし道に入ります。
d0328977_14555652.jpg


羽黒三田神社下の舗装路、羽黒坂ををゆっくり登っていきます。
d0328977_14555706.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節)、今の時期コース全般でみられる野菊です。キク属の野菊で山地に生えるものは限られているようです。
d0328977_14555760.jpg


ヤマコウバシ(山香ばし)(クスノキ科クロモジ属)の実、葉をもむと良い香りがするらしいが未確認。ヤマコウバシでいいでしょうか。
d0328977_14555821.jpg


ドウダンツツジ(灯台躑躅)(ツツジ科ドウダンツツジ属)の紅葉
d0328977_14562240.jpg


槐木の古木。ここに休憩舎とトイレがあります。むかしは羽黒坂を登りつめた休み場として賑わったようです。
d0328977_14562307.jpg


このあたり見上げると紅葉がきれいです。
d0328977_14562315.jpg


ボタンヅル(牡丹蔓)(キンポウゲ科センニンソウ属)の実
d0328977_14562427.jpg


ツワブキ(石蕗)(キク科ツワブキ属)、むかし道沿いに植えられたものです。
d0328977_14562447.jpg


檜村集落の出口です。この先の階段を下ってさらに旧道を進みます。
d0328977_14562579.jpg


アワコガネギク(粟黄金菊、別名キクタニギク)(キク科キク属キク節)、シマカンギクに似るが頭花がより小型です。
d0328977_14564702.jpg


ナギナタコウジュ(薙刀こうじゅ)(シソ科ナギナタコウジュ属)
d0328977_14564897.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節)
d0328977_14564896.jpg


むかし道、不動の滝近くの様子
d0328977_14564873.jpg


ウラギンシジミ(シジミチョウ科)のメス
d0328977_14564952.jpg


アメリカイヌホオズキ(亜米利加犬酸漿)(ナス科ナス属)
d0328977_14565087.jpg


今は使われていない水根貨物線の橋脚がよく見えます。
d0328977_14565094.jpg


白髭神社、都指定の白髭の大岩の側面に社殿があります。
d0328977_14565118.jpg

白髭トンネル出口近く、むかし道と青梅街道が急接近します。
d0328977_22100631.jpg


ムラサキシジミ(シジミチョウ科)、日光浴をしているときの翅表の紫色は太陽光線に映えて美しい。
d0328977_22103214.jpg


アワコガネギク(粟黄金菊、別名キクタニギク)(キク科キク属キク節)、黄色い小さな花が密集して咲く様子を泡にたとえました。
d0328977_22110570.jpg


イロハカエデの古木近くの紅葉。残念ながらイロハカエデの古木の紅葉はまだこれからでした。
d0328977_22113007.jpg


ヘクソカズラ(屁糞葛)(アカネ科ヘクソカズラ属)の実
d0328977_22114515.jpg
d0328977_22114637.jpg


トキリマメ(吐切豆)(マメ科タンキリマメ属)の実
d0328977_22123843.jpg
d0328977_22123919.jpg


しだくら橋近くの紅葉
d0328977_22123910.jpg


しだくら橋に到着。かなり大きく揺れる吊り橋です。
d0328977_22124066.jpg


シロノセンダングサ(白の栴檀草、別名シロバナセンダングサ)(キク科センダングサ属)
d0328977_22124069.jpg


サルトリイバラ(猿捕茨)(ユリ科 シオデ属)の実
d0328977_22124014.jpg


ヤクシソウ(薬師草)(キク科アゼトウナ属)
d0328977_22154127.jpg


道所橋に到着。
d0328977_22154135.jpg


アカネ(茜)(アカネ科アカネ属)の実、ちょっと迷いましたが実の様子、葉の様子からアカネかなと思います。
d0328977_22154261.jpg
d0328977_22154223.jpg


本日一番気に入った紅葉。逆光気味でしたが光が透けてきれいに見えました。
d0328977_22154210.jpg


アワコガネギク(粟黄金菊、別名キクタニギク)(キク科キク属キク節)
d0328977_22154321.jpg


ここから浅間神社、水根にかけて本コース唯一の山道になります。念のため熊鈴つけました。
d0328977_22154346.jpg


雑木林のトンネルをくぐりながら浅間神社に向かいます。
d0328977_22154432.jpg


きれいな紅葉です。ミズキ(水木)(ミズキ科サンシュユ属)ですか。
d0328977_22154461.jpg


ナンテン(南天)(メギ科ナンテン属)の実
d0328977_22154464.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節)
d0328977_22191029.jpg


浅間神社から水根に向かう道。切り立った崖に作られたトラバース道を進みます。全コース手すりがあるので安心です。
d0328977_22191021.jpg


だいぶ奥多摩湖に近づいてきました。
d0328977_22191056.jpg
d0328977_22191158.jpg


水根集落に到着。ここから六ツ石山に登る道は険しいらしい。
d0328977_22191120.jpg


ノブドウ(野葡萄)(ブドウ科ノブドウ属)の実
d0328977_22191200.jpg


リンドウ(竜胆)(リンドウ科リンドウ属)、コース上ずっと探していましたがやっと一株だけ見つかりました。
d0328977_22191209.jpg


ここから鹿よけの柵を開閉して八方岩展望台に向かいます。
d0328977_22191253.jpg


八方岩展望台周辺からの眺望。
d0328977_22191388.jpg


タチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)、展望台周辺の花はあまり見つからなくてちょっと残念でした。
d0328977_22191380.jpg


展望台から湖畔に下ってきました。
d0328977_22211871.jpg


奥多摩水と緑のふれあい館、この手前の駐車場が本日の終点です。
d0328977_22211953.jpg

ではまた。

トラックバックURL : http://kukimohuko.exblog.jp/tb/26135231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2017-11-07 14:54 | 奥多摩 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31