高尾方面の花

2018年3月6日
高尾方面にザゼンソウを見に行ってきました。昨年野川公園で後姿を見ましたが真正面からきれいなザゼンソウを見たのは今回初めてでした。その大きさに驚き、その美しさに感動しました。昨年日の出町で見たヒメザゼンソウの大きさから、ザゼンソウはもっと小さい花と勝手にイメージを作っていたようです。  (写真はクリックすると拡大します。)

ホトケノザ(仏の座、別名サンガイグサ)(シソ科オドリコソウ属)、春の七草のホトケノザはコオニタビラコのことです。
d0328977_09513305.jpg


ジャノヒゲ(蛇の髭、別名リュウノヒゲ)(キジカクシ科ジャノヒゲ属)、鮮やかな青色の果実に見えるのは種子です。
d0328977_09513312.jpg


ヤブコウジ(藪柑子、別名ジュウリョウ)(サクラソウ科ヤブコウジ属)、地下茎で増えるので群生することが多いようです。
d0328977_09513372.jpg


アオキ(青木)(ガリア科アオキ属)、枝が緑色なので「青木」と名付けられたようです。
d0328977_09513374.jpg


アブラチャン(油瀝青)(クスノキ科クロモジ属)でしょうか。開花は間近のようです。
d0328977_09513344.jpg


コクサギ(小臭木)(ミカン科コクサギ属)の果実
d0328977_09513459.jpg


マンリョウ(万両)(サクサソウ科ヤブコウジ属)の果実、真っ赤なきれいな実。正月の縁起植物とされます。
d0328977_09513470.jpg


シロミノマンリョウ(白実の万両)(サクラソウ科ヤブコウジ属) その1、初めて見るのでわかりませんが、白っぽい実のマンリョウだからシロミノマンリョウでしょうか。
d0328977_09514864.jpg


シロミノマンリョウ(白実の万両)(サクラソウ科ヤブコウジ属)その2
d0328977_09514966.jpg


クロッカス、この花も道路沿いに植えられていたものです。
d0328977_09514975.jpg


ミツマタ(三叉)(ジンチョウゲ科ミツマタ属)、花びらに見えるのは萼。萼筒の外側には白い絹毛が密生しています。和紙原料で今のお札もミツマタです。
d0328977_09515062.jpg


フキ(蕗)(キク科フキ属)
d0328977_09515005.jpg


ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)(シソ科オドリコソウ属)、明治中期以降に渡来したヨーロッパ原産の2年草。
d0328977_09515098.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、まだ蕾が多いです。
d0328977_09515033.jpg
d0328977_09515021.jpg
d0328977_09520434.jpg


キクザキイチゲ(菊咲一華)(キンポウゲ科イチリンソウ属)でしょうか。昼過ぎに日が差して暖かくなれば開花でしょうか。
d0328977_09520440.jpg


アオイスミレ(葵菫、別名ヒナブキ)(スミレ科スミレ属ニオイスミレ類)、最も花期の早いスミレの一つ。和名は葉の形がフタバアオイに似ていることによる。
d0328977_09520583.jpg


ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、このあたり群生していましたがまだ全く目立ちません。
d0328977_09520597.jpg



何か見落としたかもしれませんが、途中見かけた花はタチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)だけでした。
d0328977_09520509.jpg


フクジュソウ(福寿草)(キンポウゲ科フクジュソウ属)、日も陰っていて花びらも閉じ気味です。
d0328977_09520640.jpg


ザゼンソウ(座禅草、別名ダルマソウ)(サトイモ科ザゼンソウ属)、昨年見たヒメザゼンソウと比べて巨大さに圧倒されます。
d0328977_09520651.jpg
亀甲状の花被の色には個体差があります。この個体は暗紫色ですが前者はクリーム色です。
d0328977_09522101.jpg
花序のアップ。亀甲状の部分が花被の上部、黄色いのが花粉のようです。
d0328977_09522117.jpg
周りの暗紫色は大型の苞、仏炎苞。名前の由来は、仏炎苞に囲まれた花序を座禅僧に見立てたものです。
d0328977_09522296.jpg


フラサバソウ(オオバコ科クワガタソウ属)、畑や道端に生えるということなので、どこでも見つかりそうでなかなか見かけない。小さすぎて気づかないだけかも知れません。
d0328977_09522271.jpg
萼の縁の長い毛が特徴的です。
d0328977_09522039.jpg
朝は窄んでいて気づかなかったのか、今度は意外に沢山見つかったのでうれしくなりました。
d0328977_09522005.jpg


帰り道、小峰公園に立ち寄りました。ただ今16時40分。薄暗くなってきてアズマイチゲも既に眠っていました。
d0328977_09522030.jpg


セリバオウレン(芹葉黄連)(キンポウゲ科オウレン属)、一ヶ月前には数えるほどしか咲いていませんでしたが、今は全面セリバオウレン一色です。
d0328977_09522165.jpg
花としては終盤を迎えているのかもしれませんが大変きれいです。
d0328977_10081165.jpg
今週末ぐらいがきれいなセリバオウレンが見られるタイムリミットかも知れません。
d0328977_09523619.jpg

ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/26546619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-03-06 09:49 | 奥武蔵 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31