小峰公園、奥多摩方面の花

2018年3月10日
ハナネコノメの観察のため金剛の滝から奥多摩方面を散策しました。金剛の滝のハナネコノメはここ数日の大雨で水底に沈んでいるものもありましたが概ね無事でした。ただしまだ蕾ばかりで開花してるものは見つかりませんでした。おそらく2週間後ぐらいが見ごろになるのではないでしょうか。 (写真はクリックすると拡大します。)

本日は小峰公園からのスタート。セリバオウレンやハナネコノメが目当てです。
d0328977_18323305.jpg


アオイスミレ(葵菫、別名ヒナブキ)(スミレ科スミレ属ニオイスミレ類)、公園内のスミレは遅れ気味ですがアオイスミレだけはたくさん見られました。
d0328977_18323321.jpg


セリバオウレン(芹葉黄連)(キンポウゲ科オウレン属)、一ヶ月前にはちらほら咲いていた辺りがセリバオウレンで覆われています。
d0328977_18323312.jpg


フキ(蕗)(キク科フキ属)、苞に包まれた花茎がフキノトウ。これはもう育ちすぎのようです。
d0328977_18323372.jpg


ツチグリ(土栗)(ツチグリ科ツチグリ属)、外皮は湿度により開いたり閉じたりするそうです。
d0328977_18323433.jpg


アオキ(青木)(ガリア科アオキ属)の果実
d0328977_18323418.jpg


桜尾根から公園最高地点に向う階段。暑いときは何気にきついです。
d0328977_18323409.jpg


ヤブツバキ(薮椿)(ツバキ科ツバキ属)
d0328977_18323403.jpg


ヤブコウジ(藪柑子、別名ジュウリョウ)(サクラソウ科ヤブコウジ属)の果実
d0328977_18323444.jpg


ミヤマシキミ(深山樒)(ミカン科ミヤマシキミ属)、もうすぐ開花です。
d0328977_18323572.jpg


カンアオイ(寒葵、別名カントウカンアオイ)(ウマノスズクサ科カンアオイ属)、花は暗紫色から淡褐色。
d0328977_18325239.jpg


途中、見晴しがいい場所がありました。武蔵五日市駅方面を望む。
d0328977_18325211.jpg


キヨスミイトゴケ(清澄糸苔)(ハイヒモゴケ科イトゴケ属)、湿度の高い沢沿いなどの木の幹に着床する。
d0328977_18325372.jpg


ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、まだ蕾が固いようです。
d0328977_18325398.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、ここ数日の悪天も影響しているようです。まだすべて蕾でした。見頃は2週間後でしょうか。
d0328977_18325343.jpg


沢の水も増水し金剛の滝まで行けません。岩のトンネルもご覧のとおりです。
d0328977_18325367.jpg


フユイチゴ(冬苺)(バラ科キイチゴ属)、葉の先が丸くて萼片の外側に毛が密生しています。
d0328977_18325462.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、残念ながら別のポイントでもまだ蕾でした。
d0328977_18325463.jpg


ここは小峰公園の最高地点。金剛の滝から戻ってきました。
d0328977_18325492.jpg


ウグイスカグラ(鶯神楽)(スイカズラ科スイカズラ属) その1、まだほとんど花は見られません。貴重な一輪でした。
d0328977_18325487.jpg


ダンコウバイ(壇香梅)(クスノキ科クロモジ属)、花序に柄がないように見えるのでダンコウバイでしょうか。
d0328977_18330451.jpg


シュンラン(春蘭、別名ホクロ)(ラン科シュンラン属)、この辺りシュンラン通りですがほとんどがまだ蕾です。
d0328977_18330512.jpg


ウグイスカグラ(鶯神楽)(スイカズラ科スイカズラ属)の蕾
d0328977_18330508.jpg


シュンラン(春蘭、別名ホクロ)(ラン科シュンラン属)、開花したての初々しいシュンラン。
d0328977_18330580.jpg


アセビ(馬酔木)(ツツジ科アセビ属)
d0328977_18330562.jpg


シュンラン(春蘭、別名ホクロ)(ラン科シュンラン属)
d0328977_18330519.jpg


コスミレ(小菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)
d0328977_18330699.jpg


最後にもう一度セリバオウレン(芹葉黄連)(キンポウゲ科オウレン属)。
d0328977_18330608.jpg


カタクリ(片栗)(ユリ科カタクリ属)ももう少しで開花でした。
d0328977_18330622.jpg


ハナネコノメを見るため奥多摩方面に移動してきました、
d0328977_18332340.jpg


ユリワサビ(百合山葵)(アブラナ科ワサビ属)
d0328977_18330693.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、最近の大雨による増水が心配でしたが花は無事でした。この一週間で見ごろを迎えていました。
d0328977_18332248.jpg
d0328977_18332365.jpg
何度見ても見飽きない花、またどこかほかの場所で。
d0328977_18332325.jpg


瑞穂の耕心館にやって来ました。
d0328977_18332353.jpg


ミスミソウ(三角草、別名ユキワリソウ)(キンポウゲ科スハマソウ属)
d0328977_18332461.jpg
d0328977_18482288.jpg


ユキワリイチゲ(雪割一華)(キンポウゲ科イチリンソウ属)
d0328977_18332405.jpg


キクザキイチゲ(菊咲一華)(キンポウゲ科イチリンソウ属)、がく片は淡紫青色~白色だが東京自生のものは白色のようです。
d0328977_18332416.jpg
d0328977_18332483.jpg


ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/26556116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-03-10 18:16 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30