奥武蔵方面の花

2018年4月2日
奥武蔵方面を歩きました。もう少し早ければハナネコノメが大変きれいなコースです。今回は岩場に咲くイワウチワ、沢沿いのトウゴクサバノオ、ヤマエンゴサクなどを撮影しながら歩くつもりでした。ハナネコノメはほぼ終わっていました。花の開花は全般に早まっているようで、昨年はまだあまり咲いていなかったエイザンスミレやミツバコンロンソウ、いつも葉っぱばかり見ていたカタクリも咲いていました。 (写真はクリックすると拡大します。)

マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ)、咲き始めたばかりのようです。まだあまり見つかりませんでした。
d0328977_18332332.jpg

カントウタンポポ(関東蒲公英)(キク科タンポポ属)、舗装路のすきまから生えています。
d0328977_18332302.jpg

キブシ(木五倍子)(キブシ科キブシ属)、土手にはキブシなどの樹木がたくさん見られます。
d0328977_18332428.jpg

オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)(カバノキ科ハンノキ属)、土手の崩落防止用に植栽されているようです。
d0328977_18332568.jpg

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)(ケシ科キケマン属)、このあたり例年よりも開花が早いです。
d0328977_18332523.jpg
d0328977_18334619.jpg

ホオジロ(頬白)(スズメ目ホオジロ科)、チチッと大きな声で鳴きながら飛んできました。
d0328977_18332507.jpg
d0328977_18334673.jpg

アブラチャン(油瀝青)(クスノキ科クロモジ属)、これは土手の上のほうで咲いています。
d0328977_18334656.jpg

エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類) その1、スミレも例年よりも早く咲いています。
d0328977_18334712.jpg
d0328977_18334713.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その1
d0328977_18334718.jpg

ミツバコンロンソウ(三葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属) その1、沢沿いで咲き始め。御岳山のロックガーデンよりも早く咲き始めるのかも知れません。
d0328977_18334847.jpg
d0328977_18340265.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その2、数は少ないですが白谷沢全域に咲いています。
d0328977_18340268.jpg

コチャルメルソウ(小哨吶草)(ナデシコ科ナデシコ属)
d0328977_18340240.jpg
d0328977_18340271.jpg

イワウチワ(岩団扇)(イワウメ科イワウチワ属) その1、岸壁のあちこちにへばりつくように咲いています。
d0328977_18340383.jpg
しわしわしているのは咲いたばかりだからでしょうか。
d0328977_18340373.jpg
崖のずっと上のほうにピンク色が咲いていました。
d0328977_18340396.jpg
やはりイワウチワはピンク色がいいようです。
d0328977_18340326.jpg

ミソサザイ(鷦鷯)(スズメ目ミソサザイ科)、さえずりはずっと聞こえていましたがやっと発見。枝と枝のすきまを探して何とか撮影しました。
d0328977_18341637.jpg
d0328977_18341752.jpg
d0328977_18341713.jpg

d0328977_18341749.jpg

ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、沢沿いにたくさん生えていますが残念ながら赤い葯をつけている花は見つかりませんでした。
d0328977_18341737.jpg

アズマイチゲ(東一華)(キンポウゲ科イチリンソウ属) その1、群生とはいきませんがあちこちで見かけます。
d0328977_18341730.jpg

ニッコウネコノメ(日光猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、萼片が黄白色で平開、雄しべは萼片よりも長いです。
d0328977_18341869.jpg

ツルネコノメソウ(蔓猫の目草 )(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、沢沿いにはこの花がずっと咲いていました。
d0328977_18341814.jpg

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)(キンポウゲ科シロカネソウ属)、花弁状の黄白色はがく片、5個の軍配が他の黄色が花弁。
d0328977_18341847.jpg
d0328977_18343413.jpg

ヤマエンゴサク(山延胡索、別名ヤブエンゴサク)(ケシ科キケマン属)、この花は咲き始め。まだほとんど見かけませんでした。
d0328977_18343427.jpg

ハシリドコロ(走野老)(ナス科ハシリドコロ属)
d0328977_18343496.jpg

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)(ケシ科キケマン属)
d0328977_18343538.jpg

カタクリ(片栗)(ユリ科カタクリ属)、4月上旬だといつも葉っぱしか見ませんでしたが初めて花を見ることが出来ました。
d0328977_18343527.jpg
d0328977_18343591.jpg

アカヤシオ(赤八汐、別名アカギツツジ)(ツツジ科ツツジ属)、急斜面の下のほうに生えていました。滑落しないように気を付けながらの撮影です。
d0328977_18344664.jpg
d0328977_18344623.jpg

ミヤマシキミ(深山樒)(ミカン科ミヤマシキミ属)
d0328977_18344676.jpg

イワウチワ(岩団扇)(イワウメ科イワウチワ属) その5、白い花が多く、この花も薄いピンクでした。
d0328977_18344735.jpg
まだ蕾もたくさんあるようです。
d0328977_18344713.jpg
岩場に咲く花よりも心なしかおおらかに見えます。
d0328977_18344735.jpg
d0328977_18344789.jpg
真っ白い花が主流でした。
d0328977_18344730.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)(ツツジ科ツツジ属)
d0328977_18345533.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類)、標高の低いところに咲いているようです。
d0328977_18345535.jpg

ユリワサビ(百合山葵)(アブラナ科ワサビ属)
d0328977_18345534.jpg

ノジスミレ(野路菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)、人里周辺の草はらに咲いています。山の中では見ないようです。
d0328977_18345662.jpg

ヒメスミレ(姫菫)(ミヤマスミレ類)、ノジスミレの近くに一緒に咲いていました。
d0328977_18345673.jpg
ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/26657555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-04-02 18:30 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30