奥多摩方面の花

2018年4月12日
奥多摩方面にスミレの花探索に行って来ました。今回山で見ることが出来た主なスミレは、エイザンスミレ、アケボノスミレ、マキノスミレ、フモトスミレ、ナガバノスミレサイシンでした。ナガバノスミレサイシンは低い場所で既に終わっており、マルバスミレも例年たくさん見れる場所で数が少なかったのが気になりました。  (写真はクリックすると拡大します。)

ヒメスミレ(姫菫)(ミヤマスミレ類)
d0328977_19113105.jpg

アリアケスミレ(有明菫)(ミヤマスミレ類)、歩道のすきまに群生していました。
d0328977_19113153.jpg

ウワミズザクラ(上溝桜)(バラ科ウワミズザクラ属)、葉の展開後に花が開花します。ウワミズは裏溝に由来。
d0328977_19113162.jpg

コクサギ(小臭木)(ミカン科コクサギ属) 雄花、不快に感じる人が多いクサギの葉と異なりコクサギの葉をさわやかな香りと感じる人も多い。
d0328977_19113251.jpg

イタヤカエデ(板屋楓)(ムクロジ科カエデ属)、葉が茂ると板屋根のように雨が漏れないことによる。
d0328977_19113204.jpg

イロハモミジ(伊呂波紅葉、別名イロハカエデ)(ムクロジ科カエデ属)
d0328977_19113279.jpg

アオキ(青木)(ガリア科アオキ属)
d0328977_19113225.jpg

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)(キンポウゲ科オオヒエンソウ属)
d0328977_19113293.jpg

ニリンソウ(二輪草)(キンポウゲ科イチリンソウ属)、平溝川縁に咲いていました。
d0328977_19113396.jpg

ユキヤナギ(雪柳)(バラ科シモツケ属)、川縁に自生している花です。
d0328977_19113356.jpg

ヒロハコンロンソウ(広葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
d0328977_19114542.jpg

ヒメレンゲ(姫蓮華)(ベンケイソウ科マンネングサ属) 、既に赤い葯を落としているようです。
d0328977_19114628.jpg

カルガモ(軽鴨)(カモ目カモ科)
d0328977_19114643.jpg

カントウタンポポ(関東蒲公英)(キク科タンポポ属)、総苞の外片は反り返らずに内片に着く。
d0328977_19114652.jpg

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)(ケシ科キケマン属)、小苞葉は卵形で切れ込みがありません。小苞葉が写るように気を付けました。
d0328977_19114654.jpg

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)(ケシ科キケマン属)
d0328977_19114678.jpg

タチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)
d0328977_19114753.jpg

マルバスミレ(丸葉菫)(ミヤマスミレ類)
d0328977_19114737.jpg

ニッコウネコノメ(日光猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、沢沿いにはこの花が群生しています。
d0328977_19114796.jpg

ニョイスミレ(如意菫、別名ツボスミレ)(スミレ科スミレ属ニョイスミレ類)
d0328977_19114788.jpg

ニガイチゴ(苦苺)(バラ科キイチゴ属)
d0328977_19115731.jpg

エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)
d0328977_19115753.jpg
d0328977_19115804.jpg

ミヤマシキミ(深山樒)(ミカン科ミヤマシキミ属)
d0328977_19232630.jpg

カントウミヤマカタバミ(関東深山傍食)(カタバミ科カタバミ属)、葉裏にはかすかに伏毛が確認できる程度でした。
d0328977_19244455.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その1、低地の花は既に終わっていました。
d0328977_19115858.jpg

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)(キンポウゲ科シロカネソウ属)
d0328977_19115853.jpg

ヒトリシズカ(一人静)(センリョウ科チャラン属) その1、このあたりヒトリシズカが密集しています。
d0328977_19115937.jpg

カタクリ(片栗)(ユリ科カタクリ属)、ほとんど終了です。わずかに残っている花を撮影しました。
d0328977_19115992.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その2、白花と言えるようなほとんど真っ白のスミレでした。
d0328977_19115962.jpg

アケボノスミレ(曙菫)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その1、葉は展開が遅く花期にはまだ半分以上巻いています。
d0328977_19120912.jpg

エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類) その3、淡紅紫色の大きな花を咲かせています。
d0328977_19120963.jpg

アケボノスミレ(曙菫)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その2、独特の紅紫色がきれいなスミレです。群生はしていませんが登山道沿いにぽつぽつ見られます。
d0328977_19121096.jpg

マキノスミレ(牧野菫、別名ホソバスミレ)(ミヤマスミレ類) その1、東日本に多いシハイスミレの変種。奥多摩の尾根筋でよく見かけます。
d0328977_19121058.jpg

d0328977_19121031.jpg

フモトスミレ(麓菫)(ミヤマスミレ類) その1、普通のフモトスミレ。唇弁の柴条が濃くてはっきりしています。
d0328977_19121066.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)(ツツジ科ツツジ属)、周辺にはアカヤシオもありますがもう終わっているだろうと思って見に行きませんでした。
d0328977_19121063.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その3、惣岳山に向かう尾根筋はまだ花が少なかったです。
d0328977_19121154.jpg

フモトスミレ(麓菫)(ミヤマスミレ類) その2
d0328977_19121191.jpg

ヒトリシズカ(一人静)(センリョウ科チャラン属) その2
d0328977_19121101.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その4
d0328977_19122179.jpg

マキノスミレ(牧野菫、別名ホソバスミレ)(ミヤマスミレ類) その3
d0328977_19121974.jpg
d0328977_19121957.jpg

フモトスミレ(麓菫)(ミヤマスミレ類) その3
d0328977_19122002.jpg

御岳渓谷にまで降りてきました。ヒメウツギ(姫空木)(アジサイ科ウツギ属)が咲き始めていました。
d0328977_19122058.jpg

イカリソウ(碇草)(メギ科イカリソウ属)、4枚の花弁から長い距が伸びています。
d0328977_19122056.jpg

ヒロハコンロンソウ(広葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)、多摩川沿いの湿った場所に群生しています。
d0328977_19122085.jpg

シロヤブケマン(白藪華鬘)(ケシ科キケマン属)
d0328977_19122050.jpg

ムラサキケマン(紫華鬘)(ケシ科キケマン属)
d0328977_19122041.jpg

ハナイバナ(葉内花)(ムラサキ科ハナイバナ属)、渓谷に群生していました。
d0328977_19122100.jpg
ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/26673807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-04-12 19:10 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31