奥多摩方面の花

2018年4月17日
三頭山に行く予定でしたが今にも雨の降りそうな曇天だったので急遽中止とし、近所の赤ボッコにヒメハギやニオイタチツボスミレなどを見に行きました。ところが途中から雨が強くなり、ヒメハギやニオイタチツボスミレはすっかり花びらを閉じていて草臥れ儲けの結果になりました。 (写真はクリックすると拡大します。)

オドリコソウ(踊り子草)(シソ科オドリコソウ属)
d0328977_22120423.jpg

万年橋を渡って吉野街道に向かいます。
d0328977_22125516.jpg

スミレ(菫)(ミヤマスミレ類)、側弁基部が有毛、葉柄に翼があり、葉柄は葉身とほぼ同じ長さがありました。
d0328977_22113369.jpg

アリアケスミレ(有明菫)(ミヤマスミレ類)、人家周辺などに多いスミレです。
d0328977_22254047.jpg

林道を通って赤ボッコに向かいます。
d0328977_22323198.jpg

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、葉のつき方が互生でした。
d0328977_22352243.jpg

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)(ケシ科キケマン属)、小苞葉に切れ込みがありません。
d0328977_22371269.jpg

d0328977_22371620.jpg

チゴユリ(稚児百合)(イヌサフラン科チゴユリ属)
d0328977_22375289.jpg

d0328977_22380318.jpg

マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
d0328977_22392787.jpg

ヤマルリソウ(山瑠璃草)(ムラサキ科ルリソウ属)、「林道わきにずっと生えています。
d0328977_22420201.jpg

d0328977_22443660.jpg

d0328977_22443760.jpg

ホウチャクソウ(宝鐸草)(イヌサフラン科チゴユリ属)
d0328977_22510957.jpg


マルバスミレ(丸葉菫)(ミヤマスミレ類)
d0328977_22465880.jpg

ヒカゲスミレ(日陰菫)(ミヤマスミレ類)
d0328977_22481416.jpg

葉が薄いこげ茶、タカオスミレ(高尾菫)(ミヤマスミレ類)に近いと思います。
d0328977_22502847.jpg

ニョイスミレ(如意菫、別名ツボスミレ)(スミレ科スミレ属ニョイスミレ類)
d0328977_22525786.jpg

雨の降る赤ボッコに到着しました。
d0328977_22534067.jpg

センボンヤリ(千本槍、別名ムラサキタンポポ)(キク科センボンヤリ属)
d0328977_22544566.jpg

ヤブニンジン(藪人参)(セリ科ヤブニンジン属)
d0328977_22555020.jpg

ハナイカダ(花筏)(ミズキ科ハナイカダ属)
d0328977_22570501.jpg

d0328977_22582876.jpg


ミツバアケビ(三葉木通)(アケビ科アケビ属)
d0328977_23020876.jpg

ウワミズザクラ(上溝桜)(バラ科ウワミズザクラ属)
d0328977_23022673.jpg

オトコヨウゾメ(男ようぞめ)(スイカズラ科ガマズミ属)
d0328977_23061531.jpg
d0328977_23062640.jpg
ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/26674198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-04-17 22:08 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31