三頭山方面の花

2018年4月20日
檜原都民の森にコガネネコノメソウを見に行ってきました。コガネネコノメソウはコース全般、沢の流れに近い場所であればずっと生えていました。例年4月下旬ならば見ることが出来ますが今年はいつもより早く咲き始めていたようでちょうど真っ盛りでした。他の花では、昨年の今ごろはまだ蕾だったイワウチワがちょうど見ごろになっていました。また、昨年はたくさん見られたアズマイチゲ、キクザキイチゲがほぼ終わっていたようでほとんど姿が見れなかったのは残念でした。  (写真はクリックすると拡大します。)

アカフタチツボスミレ(赤斑立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)、葉脈に沿って紅紫色の斑が入るタチツボスミレの品種です。
d0328977_17355799.jpg

フッキソウ(富貴草)(ツゲ科フッキソウ属)
d0328977_17355704.jpg

トキワイカリソウ(常盤碇草、別名オオイカリソウ)(メギ科イカリソウ属)、日本海側の多雪地の林内に生える。葉が呪常緑です。
d0328977_17355803.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その1
d0328977_17355836.jpg

ニョイスミレ(如意菫、別名ツボスミレ)(スミレ科スミレ属ニョイスミレ類)
d0328977_17355831.jpg

ハシリドコロ(走野老)(ナス科ハシリドコロ属)、今回のコース、沢沿いに群生していました。
d0328977_17355871.jpg

ミツバコンロンソウ(三葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属) その1
d0328977_17355841.jpg

ミソサザイ(鷦鷯)(スズメ目ミソサザイ科) その1、山地の沢沿いを歩いていると見える場所に出てきてさえずります。
d0328977_17355987.jpg

d0328977_17355961.jpg

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、別名シロバナエンレイソウ)(シュロソウ科エンレイソウ属) その1、エンレイソウと違って3個の白い花弁があります。
d0328977_17361232.jpg

ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その1
d0328977_17361214.jpg

コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その1、方形状の黄色の萼片が鮮やかです。
d0328977_17361397.jpg

タチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)
d0328977_17361326.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その2
d0328977_17361376.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)(ツツジ科ツツジ属)、花が終わると3枚の葉が出てきます。雄しべが5本です。
d0328977_17361336.jpg

フモトスミレ(麓菫)(ミヤマスミレ類)
d0328977_17361438.jpg

コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その2
d0328977_17361469.jpg

d0328977_17361451.jpg

ニリンソウ(二輪草)(キンポウゲ科イチリンソウ属)
d0328977_17361401.jpg

エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類) その1
d0328977_17362979.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その3
d0328977_17362911.jpg

イワウチワ(岩団扇)(イワウメ科イワウチワ属) その1、去年は蕾だったのに今年はもうそろ終盤を迎えそうです。
d0328977_17471569.jpg

フデリンドウ(筆竜胆)(リンドウ科リンドウ属)、小さくて途中見落としたようです。斜面にポツンと咲いていました。
d0328977_17363192.jpg

エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類) その2
d0328977_17363151.jpg

ミツバコンロンソウ(三葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属) その2
d0328977_17363162.jpg

イワネコノメソウ(岩猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その1、このあたりコガネネコノメソウ、ヤマエンゴサクやミツバコンロンソウに交じって群生しています。
d0328977_17364352.jpg

ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その2
d0328977_17364368.jpg

エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類) その3、
d0328977_17364421.jpg

ツルキンバイ(蔓金梅)(バラ科キジムシロ属)、ミツバツチグリとは葉の両面の白い伏せ毛、ほふく茎の葉の大きさで区別できる。今度確認してみます。
d0328977_17364497.jpg
d0328977_17364466.jpg

ワチガイソウ(輪違草)(ナデシコ科ワチガイソウ属)、沢沿いの登山道脇にたくさん生えていましたが大変小さくてうっかりすると見落としそうです。
d0328977_17364417.jpg
d0328977_17364470.jpg

ヤマエンゴサク(山延胡索、別名ヤブエンゴサク)(ケシ科キケマン属)、小苞葉に切れ込みが入っています。
d0328977_17364592.jpg

コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その4、沢沿いの道ではずっと咲いていました。
d0328977_17364577.jpg

アズマイチゲ(東一華)(キンポウゲ科イチリンソウ属)
d0328977_17364572.jpg

イワネコノメソウ(岩猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その2、この花も目立たないけど沢沿いの道でずっと見られました。分布はかなり限られているようです。
d0328977_17365871.jpg

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、別名シロバナエンレイソウ)(シュロソウ科エンレイソウ属) その2
d0328977_17365906.jpg

ツルネコノメソウ(蔓猫の目草 )(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
d0328977_17365999.jpg

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類) その4
d0328977_17365935.jpg

イワウチワ(岩団扇)(イワウメ科イワウチワ属)
d0328977_17365951.jpg
d0328977_17370049.jpg
d0328977_17370087.jpg
d0328977_17370054.jpg
d0328977_17370069.jpg
d0328977_17371900.jpg

モミジイチゴ(紅葉苺)(バラ科キイチゴ属)
d0328977_17371912.jpg

これがカメバヒキオコシ(亀葉引起)(シソ科ヤマハッカ属)の葉です。
d0328977_17371914.jpg

フデリンドウ(筆竜胆)(リンドウ科リンドウ属) その2、道沿いの日当たりのいい場所にたくさん咲いていました。
d0328977_17372029.jpg
d0328977_17372089.jpg

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)(ケシ科キケマン属)
d0328977_17372015.jpg

トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅)(ツツジ科ツツジ属)、普通のミツバツツジと違って雄しべが10本あります。
d0328977_17372119.jpg

ルイヨウボタン(類葉牡丹)(メギ科ルイヨウボタン属)、まだほとんど蕾。一つだけ咲き始めていました。
d0328977_17372104.jpg

エンレイソウ(延齢草)(シュロソウ科エンレイソウ属)、シロバナエンレイソウと違って花弁がありません。花弁のように見える萼片は緑色あるいは褐紫色です。
d0328977_17373006.jpg

カタクリ(片栗)(ユリ科カタクリ属)
d0328977_17373118.jpg
d0328977_17373174.jpg

シコクスミレ(四国菫)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類)、太平洋側のブナ林の林床に生えることが多いスミレです。
d0328977_17373179.jpg
d0328977_17373126.jpg
d0328977_17373209.jpg

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、別名シロバナエンレイソウ)(シュロソウ科エンレイソウ属) その3
d0328977_17373281.jpg
ではまた。


トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/26701081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-04-20 17:31 | 奥秩父 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31