御岳渓谷周辺の花

2018年7月4日
晴れというわけには行きませんが、午前中の雨も上がったので御岳渓谷とその周辺を久しぶりに歩きました。今の時期気になるのは、例年だともう少し後だが今年はそろそろ咲いているかもしれないギンバイソウやヤマジオウの花でした。いつもいいタイミングで見れずに悔しい思いをすることが多いのですが、今年はドンピシャリ、両方とも咲き始めのきれいな花を見ることができました。 (写真はクリックすると拡大します。)

コマツナギ(駒繋ぎ)(マメ科コマツナギ属)、馬をつなげるほど茎が丈夫という意味です。多摩川沿いの岩にたくさん生えています。
d0328977_08482579.jpg

キツリフネ(黄釣船)(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)、黄色いツリフネソウ。ツリフネソウよりも一ヶ月ほど先に咲き始めます。
d0328977_08482507.jpg

ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属) その1、豪華さがうけてヤマユリの球根が昭和初期まで欧米各国に輸出されていたそうです。
d0328977_08482562.jpg

ヤブコウジ(藪柑子、別名ジュウリョウ)(サクラソウ科ヤブコウジ属) その1、江戸時代には園芸植物として大流行し斑入りなど珍しいものは高値で取引されました。
d0328977_08482685.jpg

ハンショウヅル(半鐘蔓)(キンポウゲ科センニンソウ属)の果実
d0328977_08482665.jpg

ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属) その2
d0328977_08482667.jpg

クサノオウ(瘡の王)(ケシ科クサノオウ属)、傷つけると橙色の汁が出て、これが皮膚病の瘡(できものやただれ)に効くとされた。
d0328977_08482612.jpg

ヒメフウロ(姫風露)(フウロソウ科フウロソウ属)、本州中部や四国などごく限られた場所に自生するようです。これは道沿いの石垣に植えられたものです。
d0328977_08482635.jpg

キツネノボタン(狐の牡丹)(キンポウゲ科キンポウゲ属)、野原に生え葉が牡丹に似ていることが名前の由来です。
d0328977_08482721.jpg

ヤブタビラコ(藪田平子)(キク科ヤブタビラコ属)の果実ではないかと思います。花は上向きに咲きますが、花後果柄は下向きになります。
d0328977_08482771.jpg

クワガタソウ(鍬形草)(オオバコ科クワガタソウ属)
d0328977_08483875.jpg

ギンバイソウ(銀梅草)(アジサイ科ギンバイソウ属)、山地の谷沿いに生えます。傷むと見苦しいので見るタイミングが難しい花だと思います。今回はちょうどいいタイミング。開花したばかりだったようです。
d0328977_08483838.jpg
d0328977_08483881.jpg
d0328977_08483890.jpg

ミゾホオズキ(溝酸漿)(ハエドクソウ科ミゾホオズキ属)、花後のがくに包まれた果実がほおずきに似ている。
d0328977_08483990.jpg

トキワハゼ(常盤はぜ)(ハエドクソウ科サギゴケ属)、名前の由来はいつでも花が見られ、果実がはぜるから。
d0328977_08483943.jpg

ヤマジオウ(山地黄)(シソ科オドリコソウ属)、和名は葉がゴマノハグサ科のジオウに似ていることによります。
d0328977_08483978.jpg
山地の木陰にひっそりと咲いているのでほとんど目立ちません。
d0328977_08483912.jpg
図鑑によると花期は8月、ここでは7月に咲きます。
d0328977_08483972.jpg
拡大してみると花の外面には毛が多いことがわかります。
d0328977_08484043.jpg
正面から見ると上唇は直立しています。
d0328977_08484791.jpg

ミツバ(三葉、別名ミツバゼリ)(セリ科ミツバ属)、山菜の三つ葉の花です。大変小さな花です。
d0328977_08484719.jpg

ミズタマソウ(水玉草)(アカバナ科ミズタマソウ属)、名前の由来は果実に露のかかった様子を水玉にたとえたもの。似た花にウシタキソウがありますが葉の形が違います。
d0328977_08484740.jpg
d0328977_08484871.jpg

ハエドクソウ(蝿毒草、別名ハエトリソウ)(ハエドクソウ科ハエドクソウ属)、名前の由来は根をすりおろした汁を使ってハエ取紙を作ったことによる。
d0328977_08484814.jpg

ヤブコウジ(藪柑子、別名ジュウリョウ)(サクラソウ科ヤブコウジ属) その2、下向きに咲くのでできるだけローアングルからの撮影です。
d0328977_08484850.jpg

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭、別名トゲソバ)(タデ科イヌタデ属)
d0328977_08484805.jpg

フジカンゾウ(藤甘草)(マメ科ヌスビトハギ属)、名前の由来は花がフジ、葉がカンゾウに似ていいることによる。
d0328977_08484843.jpg
d0328977_08484965.jpg

ヤマユリ(山百合)(ユリ科ユリ属) その3
d0328977_08484905.jpg

ノリウツギ(糊空木)(アジサイ科アジサイ属)、茎から出る粘液が和紙製造の糊として使われる。ピラミッド状に花が積み重なるのが特徴。
d0328977_08485549.jpg

オオイヌタデ(大犬蓼)(タデ科イヌタデ属)
d0328977_08595725.jpg

チダケサシ(乳茸刺)(ユキノシタ科チダケサシ属)、名前の由来はチダケ(チチダケ)を本種の茎に刺して持ち帰ったことにちなむ。
d0328977_08485673.jpg

ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)(アヤメ科ヒメヒオウギスイセン属)、ヨーロッパから渡来した園芸植物。多摩川沿いにたくさん野生化しています。
d0328977_08485631.jpg

ヤブラン(藪蘭)(キジカクシ科ヤブラン属)、花も実もランとは程遠いが細い葉がシュンランなどに似ている。
d0328977_08485685.jpg

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)(キジカクシ科ギボウシ属)
d0328977_08485665.jpg

ヤブカンゾウ(薮萱草、別名オニカンゾウ)(ワスレグサ科ワスレグサ属)、雄しべと雌しべが弁化して八重咲になる。
d0328977_08485757.jpg

ノカンゾウ(野萱草、別名ベニカンゾウ)(ワスレグサ科ワスレグサ属)、ヤブカンゾウと同じようなところに咲いていますがこちらは一重咲きです。
d0328977_08485749.jpg
ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/26968146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-07-04 08:42 | 奥多摩・高尾 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31