青梅周辺の花

2018年7月30日
近所の釜の淵公園、永山丘陵周辺を少し歩いてきました。大変暑かったのですが
キツネノカミソリやオオヒキヨモギの開花状況が気になっていました。オオヒキヨモギは周りの草に負けそうで目立ちませんでしたが、なんとか花を咲かせ始めている数株を確認できました。 (写真はクリックすると拡大します。)

キツネノマゴ(狐の孫)(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)、キツネノマゴ科はこれ以外にハグロソウ。それ以外は西日本に多いようです。
d0328977_12203275.jpg

カタバミ(傍食)(カタバミ科カタバミ属)、花も葉も夕方には閉じてしまいます。
d0328977_12203245.jpg

キツネノカミソリ(狐の剃刀)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)、花の時期に葉はなく花茎だけが伸びて朱色の花を咲かせます。
d0328977_12203260.jpg

ウバユリ(姥百合)(ユリ科ウバユリ属)、横向きの緑白色の花がきれいです。
d0328977_12203247.jpg

横向きの写真しか撮れませんでしたがクロホオズキの花でしょうか。道路わきの柵の中に咲いていました。
d0328977_12203374.jpg

オオヒキヨモギ(大引蓬)(ハマウツボ科ヒキヨモギ属)、東京では多摩地域の山地の林内に生育する一年草。分布は関東、中京、瀬戸内海沿岸の低地の草地に限られているようです。
d0328977_12203365.jpg
d0328977_12203361.jpg

ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27022284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-07-30 12:13 | 奥多摩・高尾 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31