滝山城跡の花

2018年09月06日
滝山城跡ではナンバンギセルを探しましたが盛りは既に過ぎておりあまりきれいな花は見つかりませんでした。8月下旬ぐらいまでが良かったかも知れません。小さな花ですがヤハズソウも今回探していた花の一つでした。最初は気づきませんでしたがよく見ると背丈の低い草むらの中にたくさん生えていました。 (写真はクリックすると拡大します。)

本日は滝山城跡にやって来ました。ちょっと時期遅れ気味のナンバンギセルを探してみます。
d0328977_10412179.jpg

ヤブラン(藪蘭)(キジカクシ科ヤブラン属)
d0328977_10412167.jpg

ヤマホトトギス(山杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)
d0328977_10412140.jpg

キツネノマゴ(狐の孫)(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)
d0328977_10412232.jpg

コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)(キョウチクトウ科カモメヅル属)
d0328977_10440362.jpg

ヒヨドリバナ(鵯花)(キク科ヒヨドリバナ属)
d0328977_10412210.jpg

イガホオズキ(毬酸漿)(ナス科イガホオズキ属)
d0328977_10412211.jpg

オトコエシ(男郎花)(スイカズラ科オミナエシ属)
d0328977_10412256.jpg

中の丸址から拝島方面を望む。
d0328977_10412262.jpg

クサギ(臭木)(シソ科クサギ属)
d0328977_10412385.jpg

ヌスビトハギ(盗人萩)(マメ科ヌスビトハギ属)
d0328977_10413302.jpg

中の丸址と本丸址を結ぶ曳橋
d0328977_10413315.jpg

ヤハズソウ(矢筈草)(マメ科ヤハズソウ属) その1、葉の先を引っ張ると矢筈の形にちぎれます。たくさんありましたが花はあまり目立ちません。
d0328977_10413410.jpg

フジカンゾウ(藤甘草)(マメ科ヌスビトハギ属)
d0328977_10413466.jpg

アキノタムラソウ(秋の田村草)(シソ科アキギリ属)
d0328977_10413452.jpg

ナンバンギセル(南蛮煙管)(ハマウツボ科ナンバンギセル属) その1、ススキの根元を探しながら歩くとちらほら見つかりますが花は終盤のようです。
d0328977_10413480.jpg
d0328977_10413424.jpg

オトギリソウ(弟切草)(オトギリソウ科オトギリソウ属)
d0328977_10413522.jpg

滝山城跡の古峰の道を歩きます。
d0328977_10413584.jpg

ノハラアザミ(野原薊)(キク科アザミ属)
d0328977_10413377.jpg

ヤマハギ(山萩)(マメ科ハギ属)
d0328977_10414180.jpg

キハギ(木萩)(マメ科ハギ属)
d0328977_10414132.jpg

ヤハズソウ(矢筈草)(マメ科ヤハズソウ属) その2
d0328977_10414008.jpg

ナンバンギセル(南蛮煙管)(ハマウツボ科ナンバンギセル属) その3
d0328977_10414170.jpg

ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27101307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-09-06 10:38 | 奥多摩・高尾 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30