ブログトップ | ログイン

野の花山の花ウォッチング in 奥多摩

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

青梅周辺の花 ~ ヒガンバナなど

2018年9月16日
休日で天気もあまりよくないので自宅周辺を散策しました。数日前から咲き始めたヒガンバナはコース全般で見ごろを迎えていました。特に釜の淵公園、多摩川土手のヒガンバナはきれいでした。永山公園ではヤマジノホトトギスがたくさん咲いていました。大岳山、御岳山や青梅丘陵ハイキングコースでもあまり見つけられなかったヤマジノホトトギスが一番身近な永山公園でたくさん見つかったのは本日の収穫です。 (写真はクリックすると拡大します。)

サルビア・ガラニティカ(別名ガラニティカセージ)(シソ科アキギリ属)、南米原産の多年草。園芸植物ですが近所で野生化しています。
d0328977_19444687.jpg

マルバルコウ(丸葉縷紅)(ヒルガオ科サツマイモ属) その1、熱帯アメリカ原産で江戸時代末期に渡来。道端でよく見かけます。
d0328977_19444699.jpg
d0328977_19480771.jpg

ヒガンバナ(彼岸花、別名マンジュシャゲ)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属) その1、多摩川河川敷に咲いています。
d0328977_19444601.jpg

オオイヌタデ(犬蓼、別名アカマンマ)(タデ科イヌタデ属)、河川敷などでよく見かけるタデです。
d0328977_19444766.jpg

コムラサキ(小紫)(シソ科ムラサキシキブ属)の果実
d0328977_19444754.jpg

釜の淵公園、鮎美橋の上から見た多摩川上流方面。休日なので河川敷にテントが見えます。
d0328977_19444752.jpg

サンザシ(山査子)(バラ科サンザシ属)の果実
d0328977_19444718.jpg

ネコハギ(猫萩)(マメ科ハギ属)
d0328977_19444874.jpg
d0328977_19445667.jpg

ヤブミョウガ(藪茗荷)(ツユクサ科ヤブミョウガ属)
d0328977_19445710.jpg

チョウマメ(蝶豆)(マメ科チョウマメ属)、インドから東南アジアにかけて分布するつる性の草本。日本には幕末に渡来。
d0328977_19445756.jpg

ハグロソウ(羽黒草)(キツネノマゴ科ハグロソウ属)
d0328977_19445755.jpg
d0328977_19445707.jpg

キツネノマゴ(狐の孫)(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)
d0328977_19445763.jpg

カラスノゴマ(烏の胡麻)(アオイ科カラスノゴマ属)、道端や畑などに生える一年草。種子をカラスの食べるゴマにたとえた。
d0328977_19445737.jpg

オトコエシ(男郎花)(スイカズラ科オミナエシ属)
d0328977_19445839.jpg

シロノセンダングサ(白の栴檀草、別名シロバナセンダングサ、コシロノセンダングサ)(キク科センダングサ属)
d0328977_19445846.jpg

カタバミ(傍食)(カタバミ科カタバミ属)とキツネノマゴ(狐の孫)(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)
d0328977_19445675.jpg

キハギ(木萩)(マメ科ハギ属)、枝は冬も枯れずに高さ2m以上の木に育つので木萩と名付けられました。
d0328977_19450884.jpg

ヤマホトトギス(山杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)
d0328977_19450816.jpg

ヒガンバナ(彼岸花、別名マンジュシャゲ)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属) その2、ヒガンバナが田の畔や土手に多いのは野ネズミが穴をあけるのを毒性のある球根で防いだからのようです。
d0328977_19450847.jpg
d0328977_19450883.jpg

フヨウ(芙蓉)(アオイ科フヨウ属 )
d0328977_19450832.jpg

ムラサキツユクサ(紫露草)(ツユクサ科ムラサキツユクサ属)
d0328977_19450805.jpg
d0328977_19450901.jpg

タマゴタケ(卵茸)(テングタケ科テングタケ属)、まるで道に置いてあるように生えていました。
d0328977_19450972.jpg
d0328977_19450999.jpg

オトコヨウゾメ(男ようぞめ)(スイカズラ科ガマズミ属)の果実、ちょっと前まで緑色でしたが少しずつ色づいてきました。
d0328977_19570183.jpg

ノササゲ(野ささげ、別名キツネササゲ)(マメ科ノササゲ属)
d0328977_19451837.jpg

シラヤマギク(白山菊)(キク科シオン属)
d0328977_19451800.jpg

ヤマハギ(山萩)(マメ科ハギ属)
d0328977_19451853.jpg

クサギ(臭木)(シソ科クサギ属)の果実
d0328977_19451818.jpg

シロバナマンジシャゲ(白花曼殊沙華、別名シロバナヒガンバナ)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)
d0328977_19451905.jpg

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属) その1、今年はあまり見かけないと思ったら身近なところにたくさん生えていました。
d0328977_19451941.jpg

ヒヨドリバナ(鵯花)(キク科ヒヨドリバナ属)
d0328977_19451996.jpg

ツユクサ(露草、別名ボウシバナ)(ツユクサ科ツユクサ属)
d0328977_19451966.jpg

アレチノヌスビトハギ(荒地盗人萩)(マメ科ヌスビトハギ属)
d0328977_19451957.jpg

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属) その2
d0328977_19451898.jpg

ヤブラン(藪蘭)(キジカクシ科ヤブラン属)
d0328977_19452719.jpg

コウヤボウキ(高野箒)(キク科コウヤボウキ属)
d0328977_19452701.jpg

クサノオウ(瘡の王)(ケシ科クサノオウ属)
d0328977_19452787.jpg

ギンミズヒキ(銀水引)(タデ科イヌタデ属)、普通のミズヒキは4つのがく片のうち上の3個が赤で下の1個が白ですがこのミズヒキはすべてのがく片が白です。
d0328977_19452774.jpg
d0328977_19452784.jpg

ヒガンバナ(彼岸花、別名マンジュシャゲ)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属) その3
、自宅から目と鼻の先に咲いていました。

d0328977_19452726.jpg
ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27124925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-09-16 19:40 | Trackback