高麗峠から巾着田 ~ 満開のヒガンバナ

2018年09月18日
久しぶりに巾着田のヒガンバナを見に行ってきました。前回行ったのは12年前、その時は車で巾着田まで行ったのですが、今回は飯能市民会館から宮沢湖経由で巾着田に歩いて向かう計画でした。3年前にも同じコースを歩いたので特に何も調べることなく気軽に出かけたのが失敗でした。巾着田に向かう道からわざわざ遠回りして宮沢湖に向かったのですが、宮沢湖近くになって周辺への立ち入りが出来ないことが判明、元の場所まで戻ったので約1時間半のタイムロスになってしまいました。看板によれば10月初旬まで通行止めのようです。巾着田のヒガンバナは蕾もありましたがちょうど見ごろを迎えているようでした。今週末あたりが最盛期ではないでしょうか。  (写真はクリックすると拡大します。)

ここは能仁寺、中央公園駐車場に車をとめて巾着田に向かいます。
d0328977_20074233.jpg

スイレン(睡蓮)(スイレン科)
d0328977_20074214.jpg

ヒルガオ(昼顔)(ヒルガオ科ヒルガオ属)
d0328977_20074253.jpg

マルバルコウ(丸葉縷紅)(ヒルガオ科サツマイモ属)
d0328977_20074310.jpg

クズ(葛)(マメ科クズ属)
d0328977_20074368.jpg

中央公園から暫く舗装路歩きが続き、西武池袋線の高架をくぐってから県道299号線を横切れば奥武蔵自然歩道の入り口です。
d0328977_20074382.jpg

奥武蔵自然歩道の入り口から5分も歩けばここに到着。まっすぐ行けば巾着田、右に行けば宮沢湖方面です。宮沢湖方面通行止めの注意書がここで欲しかった。
d0328977_20074354.jpg

ここを左折します。このちょっと先で宮沢湖方面通行止めの注意書きがありましたが、ここまで来てしまったのでずんずん進んでしまいました。
d0328977_20074455.jpg

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属) その1、やっと花らしい花が一つ見つかりました。
d0328977_20074427.jpg

最初の分岐点から約50分歩いて通行止め。同じ道を帰るのも癪なのでちょっと道を変えて戻りました。
d0328977_20123043.jpg

ニラ(韮)(ネギ科ネギ属) その1
d0328977_20075907.jpg

約1時間30分のタイムロス、最初の分岐点まで戻って来ました。
d0328977_20075916.jpg

アキノノゲシ(秋の野芥子)(キク科アキノノゲシ属)
d0328977_20075911.jpg

ユウガギク(柚香菊)(キク科シオン属ヨメナ節)
d0328977_20080019.jpg

タマゴタケ(卵茸)(テングタケ科テングタケ属)、今年はどこでも豊作のようです。よく見かけます。
d0328977_20080064.jpg

高麗峠に到着しました。あまり峠という感じはしませんがベンチなどが用意されて休息できるようになっています。
d0328977_20080057.jpg

ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)(マメ科ササゲ属)
d0328977_20080054.jpg

ニラ(韮)(ネギ科ネギ属)その2
d0328977_20080041.jpg

ヒガンバナ(彼岸花、別名マンジュシャゲ)(ヒガンバナ科ヒガンバナ属) その1、12年ぶりの巾着田のヒガンバナです。ちょうど見ごろだったようです。
d0328977_20075872.jpg

d0328977_20081566.jpg

d0328977_20081548.jpg

d0328977_20081553.jpg


あいあい橋から入場しドレミファ橋から退場します。
d0328977_20081678.jpg

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属) その2
d0328977_20081624.jpg

ヤブラン(藪蘭)(キジカクシ科ヤブラン属)
d0328977_20081617.jpg

コウヤボウキ(高野箒)(キク科コウヤボウキ属)
d0328977_20081601.jpg

シラヤマギク(白山菊)(キク科シオン属)
d0328977_20081665.jpg

オトコヨウゾメ(男ようぞめ)(スイカズラ科ガマズミ属)の実
d0328977_20081783.jpg

朝と同じ道を戻って途中の登山口から天覧山方面に向かいました。
d0328977_20191137.jpg

d0328977_20082668.jpg


これはガマズミ(莢ずみ)(スイカズラ科ガマズミ属 )の実でしょうか。鮮やかな赤い実がきれいです。
d0328977_20082676.jpg

マルバハギ(丸葉萩)(マメ科ハギ属)、葉が丸く先がへこむ。花が葉の間に埋まって咲いているように見えます。
d0328977_20082631.jpg

ツリガネニンジン(釣鐘人参)(キキョウ科ツリガネニンジン属)
d0328977_20082632.jpg

ノハラアザミ(野原薊)(キク科アザミ属)
d0328977_20082618.jpg

ミゾソバ(溝蕎麦、別名ウシノヒタイ)(タデ科イヌタデ属) その1
d0328977_20082757.jpg

d0328977_20082746.jpg

ヤブマメ(藪豆)(マメ科ヤブマメ属)
d0328977_20082788.jpg

ノダケ(野竹)(セリ科シシウド属)
d0328977_20082767.jpg

サクラタデ(桜蓼)(タデ科イヌタデ属)
d0328977_20235423.jpg
d0328977_20235481.jpg

ウメモドキ(梅擬)(モチノキ科モチノキ属)
d0328977_20235432.jpg

ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27124962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-09-18 20:04 | 奥武蔵 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31