高水三山

2018年10月22日
久しぶりに高水三山に行って来ました。最近の運動不足の解消と今年まだ見ていないキッコウハグマを見るのが主な目的でした。キッコウハグマは山ではなくて青梅周辺でも見られますが今まではすべて蕾でした。今回も昨年見た場所で蕾ばかり、2往復ほどしてあきらめかけたとき小さな一輪が見つかりました。本当に小さい花なのでうっかりすると見逃してしまうところでした。一つ見つかると不思議なもので次々と見つかりましたがそれでも全部で5輪ほどだったでしょうか。非常に小さくて形の面白い花、これからしばらくマクロ撮影の題材として面白い花なのではないでしょうか。  (写真はクリックすると拡大します。)

ここは軍畑大橋、ここから高水三山方面に向かいます。
d0328977_00000874.jpg


ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)(タデ科イヌタデ属)、明治時代に観賞用に導入されたが野生化している。
d0328977_00000848.jpg


サザンカ(山茶花)(ツバキ科ツバキ属)、いつも今頃鎧塚の下に咲いている花です。
d0328977_00000902.jpg


青梅線の軍畑駅近くの鉄橋です。青空を背景に朱色の鉄橋が映えます。
d0328977_00000929.jpg


平溝橋です。今日は高水山方面なのでここで左折します。
d0328977_00000785.jpg


ヤクシソウ(薬師草)(キク科アゼトウナ属)、どこにでも咲いていますが花の少ない季節なので。
d0328977_00000760.jpg


同じくチャノキ(茶の木、別名チャ)(ツバキ科ツバキ属)です。
d0328977_00000738.jpg


ミゾソバ(溝蕎麦、別名ウシノヒタイ)(タデ科イヌタデ属)、湿っぽい場所によく群生しています。
d0328977_00000729.jpg


ホトケノザ(仏の座、別名サンガイグサ)(シソ科オドリコソウ属)、春の七草のホトケノザはキク科のコオニタビラコでこの花とは全く別。間違える人が多いらしい。
d0328977_00000870.jpg


ノブドウ(野葡萄)(ブドウ科ノブドウ属) その1、色とりどりできれいですが食用のブドウとは別属で食べられません。
d0328977_00000802.jpg


ピラカンサ(バラ科トキワサンザシ属)、ピラカンサにはいくつか種類があるようです。
d0328977_00002845.jpg


高源寺までやって来ました。ここまでずっと舗装路歩きでしたがもうしばらく続きます。
d0328977_00002851.jpg


コンギク(紺菊)(キク科シオン属)、ノコンギクの栽培品種。
d0328977_00002948.jpg


ノコンギク(野紺菊)(キク科シオン属シオン節)
d0328977_00002914.jpg


ヤマハッカ(山薄荷)(シソ科ヤマハッカ属)
d0328977_00002997.jpg


トキリマメ(吐切豆、別名オオバタンキリマメ)(マメ科タンキリマメ属)
d0328977_00002952.jpg


ノブドウ(野葡萄)(ブドウ科ノブドウ属) その2、これはかなり白い実です。
d0328977_00003074.jpg


ノブドウ(野葡萄)(ブドウ科ノブドウ属) その2、これはかなり白い実です。
d0328977_00003077.jpg


ノブドウ(野葡萄)(ブドウ科ノブドウ属) その4、これは色鮮やか。濃い紫色、青色がきれいです。
d0328977_00003034.jpg


やっと登山口までやって来ました。ここから山道に入ります。
d0328977_00135867.jpg



登山口からすぐ、巨大な砂防ダムが姿を現しました。
d0328977_00004240.jpg



オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)(キク科モミジハグマ属)、この山域では花の時期は終わっているようです。きれいな花は見当たりませんでした。
d0328977_00004233.jpg



マンリョウ(万両)(サクラソウ科ヤブコウジ属)の実
d0328977_00004263.jpg



セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)(シソ科ヤマハッカ属) その1
d0328977_00004278.jpg



ナギナタコウジュ(薙刀香薷)(シソ科ナギナタコウジュ属) その1
d0328977_00004265.jpg



シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節) その1
d0328977_00004303.jpg



ミヤマシキミ(深山樒)(ミカン科ミヤマシキミ属
d0328977_00004351.jpg



キッコウハグマ(亀甲白熊)(キク科モミジハグマ属) その1、小さな花なので最初見つかりませんでした。咲き始めだったようで開花が確認できたのは4,5輪だけした。
d0328977_00004343.jpg

d0328977_00004326.jpg



ツルリンドウ(蔓竜胆)(リンドウ科ツルリンドウ属)の実
d0328977_09061625.jpg


高水山、常福院に到着しました。
d0328977_00005948.jpg


ヤマゼリ(山芹)(セリ科ヤマゼリ属)
d0328977_00005997.jpg


シュウメイギク(秋明菊、別名キブネギク)(キンポウゲ科イチリンソウ属) その1
d0328977_00010078.jpg


季節外れのエイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)でしょうか。
d0328977_00010099.jpg


コウヤボウキ(高野箒)(キク科コウヤボウキ属)
d0328977_00010093.jpg


岩茸石山に向かう登山道、紅葉にはまだ一ヶ月ぐらいはかかりそう。
d0328977_00010072.jpg


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)(キク科アキノキリンソウ属)
d0328977_00010110.jpg


岩茸石山に到着。人気の山、数グループが昼食中でした。
d0328977_00010111.jpg


川苔山、蕎麦粒山方面の眺望。
d0328977_00010161.jpg


惣岳山直下の分岐点に到着。本日は頂上には寄らず巻き道を選択します。
d0328977_09105860.jpg


セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)(シソ科ヤマハッカ属) その2
d0328977_00014249.jpg


マツカゼソウ(松風草)(ミカン科マツカゼソウ属)
d0328977_00014280.jpg


ナギナタコウジュ(薙刀香薷)(シソ科ナギナタコウジュ属) その2
d0328977_00014290.jpg


惣岳山から長い尾根道を下ってここは御嶽駅、沢井駅の分岐点、左折して沢井駅方面に向かいます。
d0328977_00014309.jpg


これはビワ(枇杷、別名ヒワ)(バラ科ビワ属)の花です。
d0328977_00014395.jpg


トネアザミ(利根薊、別名タイアザミ)(キク科アザミ属)
d0328977_00014396.jpg


ハキダメギク(掃溜菊)(キク科コゴメギク属)
d0328977_00014392.jpg


クコ(枸杞)(ナス科クコ属)の花、古くから薬用に用いられる。
d0328977_00014429.jpg

d0328977_00014426.jpg


クコ(枸杞)(ナス科クコ属)の実
d0328977_00014470.jpg


アオツヅラフジ(青葛藤)(ツヅラフジ科 アオツヅラフジ属)の実
d0328977_00015869.jpg


キツネノマゴ(狐の孫)(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)
d0328977_00015893.jpg


タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)
d0328977_00015966.jpg


キチジョウソウ(吉祥草)(キジカクシ科キチジョウソウ属)
d0328977_00015905.jpg


ハゼラン(爆蘭、別名サンジソウ)(スベリヒユ科ハゼラン属)、ただ今ちょうど午後三時、サンジソウの名前のとおりちょうど開花していました。
d0328977_00015767.jpg


ラッキョウ(辣韭)(ネギ科ネギ属)の花、ヤマラッキョウに比べて花柄が長く、花糸の基部に歯牙があります。
d0328977_00015777.jpg


ホトトギス(杜鵑草)(ユリ科ホトトギス属)
d0328977_00015762.jpg

d0328977_00015749.jpg


多摩川の流れ 、遊歩道からの眺めです。
d0328977_00015860.jpg

d0328977_09164360.jpg


カラスウリ(烏瓜)(ウリ科カラスウリ属)の実
d0328977_00020470.jpg


シュウメイギク(秋明菊、別名キブネギク)(キンポウゲ科イチリンソウ属) その2、こちらは一重。八重のほうが原種に近いようです。
d0328977_00020488.jpg


シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節) その2
d0328977_00020490.jpg

ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27182589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-10-22 23:57 | 奥多摩・高尾 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31