奥多摩むかし道

2018年11月2日
奥多摩湖に車をおいてバスで奥多摩駅まで移動、奥多摩むかし道を奥多摩駅から奥多摩湖まで歩きました。紅葉にはまだ1,2週間ほど早かったのですが今回の目的はリュウノウギクやアワコガネギクなどの野菊の撮影でした。両方とも花の盛り、コース全般できれいに咲いていました。  (写真はクリックすると拡大します。)

ここは奥多摩湖バス停、バスで奥多摩駅まで移動します。
d0328977_13191711.jpg


奥多摩駅までバスで移動して来ました。ここから奥多摩むかし道を歩いて奥多摩湖に向かいます。
d0328977_13194097.jpg


ここがむかし道の入口です。ここから国道を離れ旧道を歩きます。
d0328977_13194010.jpg


羽黒坂を登っています。右の階段を上がれば羽黒三田神社です。
d0328977_13194185.jpg


ナンテン(南天)(メギ科ナンテン属)の実
d0328977_13194139.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節) その1、キク属の野菊は海岸に多く山地に生えるものは限られているようです。
d0328977_13194114.jpg


今は廃線となった水根貨物線のトンネルです。水根貨物線は小河内ダム建設のために作られました。
d0328977_13194145.jpg


むかし道の様子 その1。廃線となった水根貨物線の横を登っていきます。
d0328977_13194158.jpg


アオツヅラフジ(青葛藤)(ツヅラフジ科 アオツヅラフジ属)の実 その1
d0328977_13194254.jpg


トキリマメ(吐切豆、別名オオバタンキリマメ)(マメ科タンキリマメ属)の実 その1
d0328977_13194269.jpg

d0328977_13200932.jpg



廃線となった水根貨物線の橋梁です。
d0328977_13200987.jpg


タマアジサイ(玉紫陽花)(アジサイ科アジサイ属)
d0328977_13200911.jpg


ムラサキシキブ(紫式部)(シソ科ムラサキシキブ属)の実
d0328977_13201049.jpg


ドウダンツツジ(灯台躑躅)(ツツジ科ドウダンツツジ属)の紅葉
d0328977_13201088.jpg


むかし道の様子 その2
d0328977_13201075.jpg


見上げると青空がきれいでした。
d0328977_13201054.jpg


槐木、サイカチの古木のある休憩舎、に到着。
d0328977_13201041.jpg


ヤクシソウ(薬師草)(キク科アゼトウナ属)、花は少ないのですがヤクシソウはたくさん咲いていました。
d0328977_13201124.jpg


トネアザミ(利根薊、別名タイアザミ)(キク科アザミ属)
d0328977_13200964.jpg


シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節)
d0328977_13202417.jpg


チャノキ(茶の木、別名チャ)(ツバキ科ツバキ属)
d0328977_13202405.jpg


檜村あたりのむかし道から見た紅葉。まだちょっと早いようですが少しは紅葉し始めています。
d0328977_13202491.jpg


シュウメイギク(秋明菊、別名キブネギク)(キンポウゲ科イチリンソウ属)
d0328977_13202448.jpg
d0328977_13202497.jpg


檜村あたりのむかし道。この上の階段を上がって左折します。このあたり、ちょっとわかりづらいです。
d0328977_13202563.jpg


アワコガネギク(粟黄金菊、別名キクタニギク)(キク科キク属キク節) その1、現在むかし道で一番見かける野菊です。さすがキク属のノギク、栽培品種に近い感じがします。
d0328977_13202532.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節) その2
d0328977_13202531.jpg


コシオガマ(小塩竈)(ハマウツボ科コシオガマ属) その1、矮化したような小さな花がなんとか2つほど見つかりました。毎年なんとか生き延びています。
d0328977_13202305.jpg


境あたりのむかし道。振り返ると水根貨物線の橋梁が見えます。
d0328977_13202339.jpg


アワコガネギク(粟黄金菊、別名キクタニギク)(キク科キク属キク節) その2
d0328977_13203817.jpg


ノコンギク(野紺菊)(キク科シオン属シオン節)
d0328977_13203818.jpg


ヤマゼリ(山芹)(セリ科ヤマゼリ属)その1
d0328977_13203881.jpg


何回も来ていますが今回も白鬚神社に寄って行きます。白鬚神社、覆いかぶさるような巨大な岩自体を御神体として祀っている神社です。
d0328977_13203865.jpg
d0328977_13203936.jpg


弁慶の腕抜き岩
d0328977_13203947.jpg


耳神様。昔、耳が痛いとき穴のあいた小石を見つけて耳神様に供えてご利益を祈ったそうです。
d0328977_13203908.jpg


ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)(ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属)の実
d0328977_13203915.jpg


アワコガネギク(粟黄金菊、別名キクタニギク)(キク科キク属キク節) その3
d0328977_13203968.jpg


コシオガマ(小塩竈)(ハマウツボ科コシオガマ属) その2
d0328977_13203855.jpg
d0328977_13205297.jpg
d0328977_13205213.jpg


トネアザミ(利根薊、別名タイアザミ)(キク科アザミ属) その2
d0328977_13205287.jpg


梅久保あたりのむかし道から見た紅葉。恐らく一週間後はきれいになりそう。
d0328977_13205254.jpg
d0328977_13205252.jpg
d0328977_13205319.jpg



ボタンヅル(牡丹蔓)(キンポウゲ科センニンソウ属)の実
d0328977_13205356.jpg


ヘクソカズラ(屁糞葛)(アカネ科ヘクソカズラ属)の実
d0328977_13205357.jpg


シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節) その2
d0328977_13205327.jpg


トキリマメ(吐切豆、別名オオバタンキリマメ)(マメ科タンキリマメ属) その3
d0328977_13205230.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節) その3
d0328977_13211081.jpg


しだくら橋に到着。このあたりの最盛期の紅葉は素晴らしいです。
d0328977_13211145.jpg
d0328977_13211108.jpg
d0328977_13211140.jpg


シロノセンダングサ(白の栴檀草)(キク科センダングサ属)
d0328977_13211148.jpg


道所を過ぎたあたりの紅葉
d0328977_13211155.jpg
d0328977_13211221.jpg


ここを左折して中山方面。ちょっとした山道になります。
d0328977_13211255.jpg
d0328977_13211233.jpg
d0328977_13211057.jpg


コウヤボウキ(高野箒)(キク科コウヤボウキ属)
d0328977_13212583.jpg
d0328977_13212531.jpg


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)(キク科アキノキリンソウ属) その1、この花はすでに終盤でした。
d0328977_13212510.jpg


ヤマハッカ(山薄荷)(シソ科ヤマハッカ属)
d0328977_13212564.jpg


リュウノウギク(竜脳菊)(キク科キク属キク節) その4
d0328977_13212671.jpg
d0328977_13212667.jpg


木々のすきまから小河内ダムが見えてきました。奥多摩むかし道の終点もすぐそこです。
d0328977_13212676.jpg


このあたり急峻な崖に作られたトラバース道を歩きます。
d0328977_13212641.jpg
d0328977_13212685.jpg


シロヨメナ(白嫁菜)(キク科シオン属シオン節) その3
d0328977_13212537.jpg


六つ石山分岐に到着。このあたりは既に水根でしょうか。
d0328977_13213575.jpg


ヒメフウロ(姫風露)(フウロソウ科フウロソウ属)
d0328977_13213564.jpg
d0328977_13213662.jpg


ノイバラ(野茨)(バラ科バラ属)の実
d0328977_13213681.jpg


アオツヅラフジ(青葛藤)(ツヅラフジ科 アオツヅラフジ属)の実 その2
d0328977_13213690.jpg


ノブドウ(野葡萄)(ブドウ科ノブドウ属)の実
d0328977_13213682.jpg
d0328977_13213663.jpg
d0328977_13213617.jpg
d0328977_13213759.jpg
d0328977_13213733.jpg


リンドウ(竜胆)(リンドウ科リンドウ属)
d0328977_13214578.jpg


むかし道から奥多摩湖方面の紅葉。
d0328977_13214503.jpg


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)(キク科アキノキリンソウ属) その2
d0328977_13214505.jpg


ヤマゼリ(山芹)(セリ科ヤマゼリ属) その2
d0328977_13214595.jpg


コムラサキ(小紫)(シソ科ムラサキシキブ属)
d0328977_13214585.jpg
d0328977_13214624.jpg


奥多摩湖まで無事戻って来ました。一週間後の紅葉が楽しみです。
d0328977_13214679.jpg

ではまた。


トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27200903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2018-11-02 13:15 | 奥多摩・高尾 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31