ブログトップ | ログイン

野の花山の花ウォッチング in 奥多摩

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

奥多摩むかし道ひとり探鳥会

2019年02月07日
奥多摩むかし道にはベニマシコ、アトリ、クロジやカヤクグリ、ウソなどを期待して出かけました。しかし、悲しいかな、素人の「ひとり探鳥会」では見つけられる野鳥も限られ、歩けば道端で採食中の野鳥の群れを追い払う始末。撮影できる野鳥の数は少なかったけれど、群れで空を飛び去る野鳥や藪の中に逃げ込む野鳥などの数は多かった印象です。いろいろ失敗だらけでしたが、初見のイソヒヨドリを目の前で見ることができ、また永山丘陵では撮りそこなったキクイタダキをなんとか撮影することが出来たのが今回の収穫です。 (写真はクリックすると拡大します。)

ここは奥多摩湖バス停、ここから境までバス移動して奥多摩むかし道を戻ってくる予定です。
d0328977_14443367.jpg

ジョウビタキ(常鶲)(スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属) オス その1、バスの時間まであと1分。ちょっと迷いましたが、カメラに望遠ズームをセットして撮影しました。
d0328977_14443335.jpg

イソヒヨドリ(磯鵯)(スズメ目ヒタキ科イソヒヨドリ属)、ふと振り向くとそこにこの鳥がいました。海岸の岩場、河川、山間のダムなどに生息するようです。磯だけではないんですね。初見です。青と赤のツートンカラーが美しい。既にバスの到着時刻です、超ラッキーでした。
d0328977_14443384.jpg

d0328977_14443457.jpg

建物の屋根に移動。光線の具合でしょうか、青が黒っぽく見えます。バス到着です。
d0328977_14443451.jpg


バスで境橋まで移動してきました。前方トンネルの手前を右折して奥多摩むかし道に入ります。
d0328977_14443449.jpg

境のあたり。六つ石山登山口を少し登ってこれは旧水根貨物線の橋梁です。藪でカヤクグリらしき鳥がちらっと見えましたが撮影には至りませんでした。
d0328977_14443526.jpg

d0328977_14443518.jpg

白鬚神社入口です。ツィーツィーというような鳴き声が前方から聞こえてきました。ちょっと気になりましたがまずは白鬚神社に参拝です。
d0328977_14443540.jpg

白鬚神社は覆いかぶさるような巨大な岩そのものがご神体の神社です。家族の健康と本日たくさんの野鳥に会えることをお願いしました。
d0328977_14511546.jpg

キクイタダキ(菊戴)(スズメ目キクイタダキ科キクイタダキ属)、ツィーツィーと鳴いていた鳥の正体はやはりキクイタダキでした。頭頂の黄色の中央がちょっと赤いのでこれはオスでしょうか。
d0328977_14450629.jpg

永山丘陵での失敗で反省し、今回は連射及びAEブラケティングを使用してみました。
d0328977_14450721.jpg

檜も針葉樹ですか。キクイタダキは確かに針葉樹林が好きなようです。
d0328977_14450724.jpg

ホオジロ(頬白)(スズメ目ホオジロ科ホオジロ属) メス、日本中どこにでもいて国土の64%で繁殖しているともいわれています。
d0328977_14450834.jpg

カシラダカ(頭高)(スズメ目ホオジロカ科ホオジロ属)、頭頂に短い冠羽があるホオジロ類。冬鳥として九州以北に渡来します。
d0328977_14450851.jpg

クロジ(黒鵐)(スズメ目ホオジロ科ホオジロ属) メス、群れでいました。何かわからず撮影しましたが調べてみるとクロジのメスのようです。冬には都心の緑地でも見られるようですが、うっかりするとスズメと間違えるかも知れません。
d0328977_14450880.jpg

ここはしだくら橋です。橋を渡って反対側から撮影しました。人数制限3名、一人で渡ってもかなり揺れます。
d0328977_14450927.jpg

アトリ(花鶏)(スズメ目アトリ科アトリ属) その1、道端で餌を食べていました。カシラダカかなと思っていましたが帰ってから写真を確認してアトリと判明。
d0328977_14450950.jpg

これも逆光で真っ黒でしたが明るくしてみたらアトリのようです。
d0328977_14450656.jpg

ジョウビタキ(常鶲)(スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属) オス その2、自分から姿を見せてくれるようで見つけやすい鳥です。
d0328977_14572716.jpg

イイギリ(飯桐)(ヤナギ科イイギリ属)の果実。道所つり橋を渡ったところに生えていました。
d0328977_14591446.jpg

道所つり橋から見た多摩川の流れ。きれいな流れですが水量はちょっと少ないようです。
d0328977_15012822.jpg

キクイタダキ(菊戴)(スズメ目キクイタダキ科キクイタダキ属)、さっきは檜でしたが今度はモミでしょうか。たくさんいるけど姿はなかなか見えません。
d0328977_15012972.jpg

じっとしていないのでじっくり撮影できません。姿がちらっと見えたら連射、連射でした。
d0328977_15012908.jpg

撮影したいるときはほとんど姿が見えませんでした。撮影ばかりでなくもっと鳥観察も必要だと反省しました。
d0328977_15013085.jpg

珍しい鳥かと思っていましたが奥多摩むかし道では普通に見かける鳥でした。距離は遠いので等倍近くにトリミングしています。
d0328977_15013017.jpg

簡易トイレもある見晴らしのいい休憩所で昼食です。このあたりで昼食中にカヤクグリを見たという過去の記事があったので期待しましたがそうは問屋が卸しませんでした。
d0328977_15013104.jpg

ジョウビタキ(常鶲)(スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属)のメス、このあたりヤブも多いのでいかにもカヤクグリがいそうでしたが出てきたのはジョウビタキの一羽だけでした。
d0328977_15013100.jpg

シジュウカラ(四十雀)(スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属)
d0328977_15013117.jpg

コゲラ(小啄木鳥)(キツツキ目キツツキ科アカゲラ属)
d0328977_14453964.jpg

道標には右は山道、左は中山集落、小河内ダムとあります。それほど古い道標ではないようです。
d0328977_14454055.jpg

中山集落に近いあたりでニホンザル発見。柚子の実目当てに猿がやってきたようです。気づかなかったけど2,3頭はいたようです。柚子の実が猿を呼び寄せるようです。獣害対策のためには柚子の早めの収穫が必要なようです。
d0328977_14454093.jpg

d0328977_14454138.jpg

小河内ダムが良く見えます。終点はもうすぐです。
d0328977_14454116.jpg

ここは水根の集落。右へ行けば六つ石山、かなり登りのきついコースと聞いています。ここは直進します。
d0328977_14454163.jpg

アトリ(花鶏)(スズメ目アトリ科アトリ属)、群れで飛び去るのが多くてじっくり見れませんでしたがアトリの数は多かったようです。
d0328977_14454257.jpg

クロジ(黒鵐)(スズメ目ホオジロ科ホオジロ属) オス、竹藪の中の地面で採食中、こちらに気付いたか枝に飛び移りましたが、竹の葉っぱが邪魔をします。少なくとも数羽が採食中だったようです。
d0328977_14454234.jpg

水根沢にかかる橋を渡って遊歩道に入ります。何か野鳥を期待しましたが何もいませんでした。
d0328977_14454276.jpg

ダム北側の展望所まで登りました。ここからさらに上への道が通行止めになっているのでここで奥多摩湖側に下山しました。
d0328977_14453934.jpg

モズ(百舌)(スズメ目モズ科モズ属) オス
d0328977_14461057.jpg

トビ(鳶)(タカ目タカ科トビ属)、クマタカを見たかったのですがいたのはトビばかり。もしかしてどこかにいたのかもしれませんが猛禽類は特に苦手です。
d0328977_14461131.jpg

ジョウビタキ(常鶲)(スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属) オス その3、朝と同じジョウビタキでしょうか。お陰様でイソヒヨドリを撮影できました。
d0328977_14461105.jpg
ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27435307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2019-02-07 14:35 | Trackback