奥多摩方面の花

2019年4月1日
奥多摩方面の沢にはネコノメソウ属の花探索に行って来ました。下流のハナネコノメは終わっていましたが、少し奥まで行くと真っ赤な葯を付けたハナネコノメが残っていました。さらにうれしかったのはコガネネコノメソウが既に咲いていたことです。4月中旬以降が花期と思い込んでいましたが、地域によるとは思いますが図鑑によれば3月以降が花期のようです。 (写真はクリックすると拡大します。)

本日はここから、イワウチワや各種ネコノメの観賞に出発です。
d0328977_15560081.jpg

ジョウビタキ(常鶲)(スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属) メス
d0328977_15560096.jpg

ヤマエンゴサク(山延胡索、別名ヤブエンゴサク)(ケシ科キケマン属) その1、苞葉が櫛の歯状に切れ込んでいます。
d0328977_15560141.jpg

ユリワサビ(百合山葵)(アブラナ科ワサビ属) その1
d0328977_15560108.jpg

ツルネコノメソウ(蔓猫の目草 )(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その1、葉のつき方が互生で花序同士がやや離れ気味についています。
d0328977_15560193.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)(ツツジ科ツツジ属)、例年よりも開花が遅いような気がします。まだほとんど蕾。
d0328977_15560121.jpg

ヒカゲツツジ(日陰躑躅)(ツツジ科ツツジ属)、こちらも一輪だけ咲き始めいました。
d0328977_15560281.jpg

イワウチワ(岩団扇)(イワウメ科イワウチワ属)
d0328977_16002598.jpg
d0328977_15560296.jpg

ミヤマシキミ(深山樒)(ミカン科ミヤマシキミ属)
d0328977_15560378.jpg

シロバナヒナスミレ(白花雛菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)、見慣れないスミレと思いましたがヒネスミレの白花品のようです。距は太くピンク色。葉の裏は紫色を帯びていました。
d0328977_15562885.jpg
d0328977_15562809.jpg

コチャルメルソウ(小哨吶草)(ナデシコ科ナデシコ属)
d0328977_15562818.jpg

キヨスミイトゴケ(清澄糸苔)(ハイヒモゴケ科)
d0328977_15562907.jpg

きれいな沢の流れ、このあたりでハナネコノメを見つけてみます。
d0328977_15562602.jpg

ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その1、このあたりの花、ほとんど葯が落ちていました。
d0328977_15562689.jpg

アオイスミレ(葵菫、別名ヒナブキ)(スミレ科スミレ属ニオイスミレ類) その1
d0328977_15562678.jpg

ヒカゲスミレ(日陰菫)(ミヤマスミレ類) その2、名前に反して日なたにたくさん咲いていました。
d0328977_15562719.jpg

タチツボスミレ(立坪菫)(スミレ科スミレ属タチツボスミレ類)
d0328977_15562706.jpg

アオイスミレ(葵菫、別名ヒナブキ)(スミレ科スミレ属ニオイスミレ類) その2、白花のアオイスミレです。
d0328977_15562780.jpg

カタクリ(片栗)(ユリ科カタクリ属)
d0328977_15565207.jpg

完全に開花していないのでわかりづらかったのですが、レンプクソウ(連福草、別名ゴリンバナ)(レンプクソウ科レンプクソウ属)でしょうか。
d0328977_15565264.jpg

ヒナスミレ(雛菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類) その1、沢沿いの半日陰の斜面に群生していました。
d0328977_15565326.jpg
d0328977_15565300.jpg


ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)(スミレ科スミレ属スミレサイシン類)
d0328977_15565369.jpg


エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類)
d0328977_15565402.jpg


ハシリドコロ(走野老)(ナス科ハシリドコロ属)
d0328977_15565484.jpg


寒いと思ったらこのあたりで雪がちらついてきました。ここならまだハナネコが期待できそうです。
d0328977_15573794.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その2
d0328977_15565474.jpg


ヤマネコノメソウ(山猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、花序同士がやや接近していて葉のつき方が互生です。
d0328977_15565524.jpg


ニッコウネコノメ(日光猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)、葯が暗紅紫色で萼が黄緑色で平開しています。
d0328977_15573618.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その3
d0328977_15573605.jpg


ツルネコノメソウ(蔓猫の目草 )(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その2
d0328977_15573618.jpg


コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その1、萼片が鮮黄色で方形に直立しています。
d0328977_15573869.jpg
d0328977_15573894.jpg


ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その4
d0328977_15573853.jpg


コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その2
d0328977_15573940.jpg
d0328977_15573923.jpg



ミツバコンロンソウ(三葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
d0328977_15574016.jpg

ハナネコノメ(花猫の目)(ユキノシタ科ネコノメソウ属) その5
d0328977_15574549.jpg
d0328977_16342915.jpg
d0328977_16342998.jpg

ヤマエンゴサク(山延胡索、別名ヤブエンゴサク)(ケシ科キケマン属) その2
d0328977_16343041.jpg

ユリワサビ(百合山葵)(アブラナ科ワサビ属) その2
d0328977_16343091.jpg

ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27536328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2019-04-01 15:53 | 奥多摩・高尾 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31