青梅周辺の花

2019年5月2日
青梅周辺の花探索です。開花の遅れていたキンラン、ギンランがやっと咲き始めました。ところが、キンランは私の知らなかった場所ではとっくに咲いていたようでそろそろ終盤を迎えていました。木の花ではミズキ、カマツカ、コバノガマズミなどが盛りを迎え、丘陵の至る所で咲いていたオトコヨウゾメもそろそろ終盤を迎えていました。マルバウツギ、コゴメウツギが咲き始めていたので、あと一週間もすればこれらの花が盛りを迎えそうです。  (写真はクリックすると拡大します。)

本日もここからスタート、永山丘陵周辺の花の探索です。
d0328977_19575584.jpg


オドリコソウ(踊り子草)(シソ科オドリコソウ属)、花の形が踊り子に似ていて花の色は白からピンクまでいろいろ。
d0328977_19570184.jpg


アメリカフウロ(亜米利加風露)(フウロソウ科フウロソウ属)、北アメリカ原産の一年草、昭和の初めごろに確認された帰化植物。
d0328977_19570294.jpg


ユウゲショウ(夕化粧、別名アカバナユウゲショウ)(アカバナ科マツヨイグサ属)、熱帯アメリカ原産で明治時代に観賞用として導入された。
d0328977_19570289.jpg


キンラン(金襴)(ラン科キンラン属) その1、春の花の最盛期が過ぎた今丘陵地帯で咲く花。鮮やかな黄色は目立ちすぎるようです。
d0328977_19570351.jpg

d0328977_19570386.jpg


ツクバネウツギ(衝羽根空木)(スイカズラ科ツクバネウツギ属)、花の基部につく萼は羽根つきの羽根に似ています。
d0328977_19570349.jpg


ニガナ(苦菜)(キク科ニガナ属)、茎を切ると苦味のある乳液が出ます。
d0328977_19570362.jpg


ツルオドリコソウ(蔓踊子草、別名キバナオドリコソウ)(シソ科オドリコソウ属)、地面にツルを伸ばして広がります。このあたりには群生していました。
d0328977_19572796.jpg


ミズキ(水木)(ミズキ科サンシュユ属)、全体にみずみずしく成長の早い木、樹液が多く春先に枝を切ると水が溢れる。
d0328977_19572829.jpg


カマツカ(鎌柄、別名ウシコロシ)(バラ科カナメモチ属)、材が固く鎌の柄に用いたのが名前の由来です。昔はこの木で牛の鼻輪も作ったので別名ウシゴロシ。
d0328977_19572837.jpg


クサノオウ(瘡の王)(ケシ科クサノオウ属)、傷つけると橙色の汁が出てこれが皮膚病の瘡に効くとされた。
d0328977_19572821.jpg


フジ(藤、別名ノダフジ)(マメ科フジ属)、西日本のヤマフジとは逆に左肩上がりの巻き方でつるが生長する。
d0328977_19572873.jpg


ジュウニヒトエ(十二単)(シソ科キランソウ属)、花が重なって咲く様を昔の女官が来た十二単に見立てた。
d0328977_19572939.jpg


イモカタバミ(芋傍食)(カタバミ科カタバミ属)、芋のような塊茎によって増えます。
d0328977_19573006.jpg


オオジシバリ(大地縛り)(キク科タカサゴソウ属)、ジシバリに似ていますが葉も花もジシバリよりも大きい。葉はジシバリの卵形と違ってへら状です。
d0328977_19575588.jpg


ヤマツツジ(山躑躅)(ツツジ科ツツジ属)
d0328977_19575675.jpg


コバノタツナミ(小葉の立浪)(シソ科タツナミソウ属)
d0328977_19575643.jpg


ギンラン(銀蘭)(ラン科キンラン属) 、キンランに対して白色の花を付けるので銀蘭。開花が遅かったので今年は見れないものと思っていました。
d0328977_20082941.jpg


マルバウツギ(丸葉空木)(アジサイ科ウツギ属)、白い花に中心の橙色がきれいなウツギです。まだ咲き始め、花はまだほとんど見つかりませんでした。
d0328977_19575652.jpg


ウマノアシガタ(馬の脚形、別名キンポウゲ)(キンポウゲ科キンポウゲ属)、葉の形が馬のひづめに似ているそうです。
d0328977_19575782.jpg


コゴメウツギ(小米空木)(バラ科コゴメウツギ属)、白い小さな花が精米のときに砕けた米粒、小米を思わせるのが名前の由来。
d0328977_19582462.jpg


ニョイスミレ(如意菫、別名ツボスミレ)(スミレ科スミレ属ニョイスミレ類)、長い花柄の先に花をつけた形が僧具の一つである如意に似ているのでニョイスミレ。葉の形からという説もあるようです。
d0328977_19582405.jpg


コバノガマズミ(小葉莢)(レンプクソウ科ガマズミ属)
d0328977_19582355.jpg


オトコヨウゾメ(男ようぞめ)(レンプクソウ科ガマズミ属)
d0328977_19584746.jpg


シャガ(射干)(アヤメ科アヤメ属)、大群生ですが思ったようには撮れませんでした。
d0328977_19584794.jpg


クサイチゴ(草苺、別名ワセイチゴ)(バラ科キイチゴ属)
d0328977_19584775.jpg


キンラン(金襴)(ラン科キンラン属) その2
d0328977_19584847.jpg


ガクウツギ(額空木)(アジサイ科アジサイ属)、アジサイ属なのに樹形がウツギに似ている。3枚の装飾花は萼なのでガクウツギ。
d0328977_19584807.jpg

ではまた。

トラックバックURL : https://kukimohuko.exblog.jp/tb/27587729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kukimohu | 2019-05-02 19:54 | 奥多摩・高尾 | Trackback

奥多摩の山々を歩きながらそのとき目にとまった野の花、山の花を中心に撮影しています。それらの名前を調べできるだけきれいな写真に残すことが当面の目標です。画像はヤマジオウ、奥多摩方面で撮影したものです。


by kukimohu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30